草なぎ剛:2日間4人のレジェンドを迎えてギターの“はっぴょう会” 総額2億円の自前ビンテージアイテムに囲まれ

芸能
ギターの“はっぴょう会”を開いた草なぎ剛さん

 草なぎ剛さんが、「趣味として」楽しんできたギターの腕前と自作の曲を発表する「はっぴょう会」を11月27、28日に昭和女子大人見記念講堂(東京都世田谷区)で開催した。27日は奥田民生さん、和田唱さん(TRICERATOPS)、28日には斉藤和義さん、田島貴男さん(ORIGINAL LOVE)という豪華なゲストを迎え、各日2000人、計4000人を動員した。

 草なぎさんがギターを始めたのは約7年前。舞台で共演した故・大杉漣さん、小澤征悦さんの2人の楽屋から聞こえてきたギターの音色に興味を持ったのが始まりだったという。そこからギターの魅力にハマった草なぎさんはコツコツと練習を積み重ねてきた。今まで数々のコンサートを経験してきた草なぎさんだが、一人でステージに立つのも、人前で1曲以上の弾き語りを披露するのも今回が初めて。

 草なぎさんが観客の前で深くおじきをすると拍手が湧き上がり、アットホームな雰囲気の中、幕は上がった。この会のために作った「はっぴょう会のテーマ」のほか、「いま・新しい地図」「僕のギターで」「カメレオン」「夢の中へ」「渋谷バラッド」「twist shake」「I Love Pure」と自作の曲を中心に8曲を披露した。

 その後、27日は生放送の直電で出演依頼をした和田さんと奥田さん、28日は田島さんと斉藤さんという草なぎさんが尊敬してやまない4人のレジェンドがスベシャルゲストとしてステージに登場。草なぎさんがリクエストした曲をそれぞれが披露した後、草なぎさんが希望した曲を一緒にセッション。アンコールでも「さすらい」(27日)、「歩いて帰ろう」(28日)と思い入れのある曲を3人で弾き語りした。

 草なぎさんは、27日は和田さんを師と仰ぎ「ギブソン」をもじって「ワダソン」と呼んでいるエピソードを披露。奥田さんには「聞きたいことがたくさんあるんです」と質問攻めに。28日は田島さんのすごさ、斉藤さんへの愛など、レジェントたちへの思いがMCで爆発。舞台袖にハケるはずだった“レジェンドタイム”もレジェンドの真後ろの特等席に座り観賞した草なぎさんは「多分、この会場で今、一番楽しんでいるのは僕だと思います」と笑っていた。

 ステージセットは、バイク、スカジャン、デニム、ブーツ……すべて草なぎさんの私物という総額2億円のビンテージアイテムで埋め尽くされた。「前日に搬入を手伝い、自ら配置しました。実は冷蔵庫も持ってきたんだけど置く時間がなくて残念。ステージにあるものは美術さんが作ったものではなくすべて本物のビンテージ。細部にわたって偽物は一つもない。偽物があるとしたら、僕の歌声とギターの技術だけ。いつか本物になりたいです」と草なぎさんはMCで語った。

 観客の手拍子につられてリズムが狂ってしまったり、レジェンドにはさまれ頭が真っ白になって歌詞が飛んだり、手元が狂ったりと、演奏中、ミスしてしまう場面も何度かあったが、自ら「間違えました」と申告する草なぎさんの飾らない姿に観客から笑いが起こり、会場もほのぼのとした空気に包まれていた。

 最後に「いくつになっても新しい挑戦を、新しい自分を求めて生きていってください」という言葉を会場に投げかけ、草なぎさんの初めての“はっぴょう会”は幕を閉じた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る