ギャル流行語大賞:2019年の大賞は「KP」 意味は… 「ぴえん」「わかりみが深い」「3150」「語彙力」続く

芸能
「2019年ギャル流行語大賞」のビジュアル

 今年、ギャルの間ではやった言葉を決める「2019年ギャル流行語大賞」(ツインプラネット)が12月4日に発表され、乾杯を意味する「KP(ケーピー)」が大賞に選ばれたことが分かった。

 「ギャル流行語大賞」は、ギャルならではの発想で生み出されるその世代の流行語を、ランキング形式で毎年12月に発表。2009年にスタートし、今年で11回目を迎えた。

 大賞の「KP」は、「乾杯」のアルファベット表記「KANPAI」の略称形で、友人たちと乾杯をする時に使う言葉という。ノンアルコールでも声をそろえることで瞬時に「楽しいキッカケ」を与えてくれる言葉として、「Instagram」のストーリーや「TikTok」で「KP動画」をアップするのがブームとなっている。

 2位は可愛く泣いている様子を表す顔文字「ぴえん」、3位は「よく分かる」が強調された「わかりみが深い」、4位は「最高」を数字で表した「3150」、5位は「語彙(ごい)力がない」の略語の「語彙力」が入り、6位以下は「リアコ」「○○案件」「時差グラム」「きょコ」「ブレ盛り」となっている。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る