ミリオンジョー:第9話 キスマイ北山“呉井”のなりすまし連載が徐々に崩壊へ… 仲間とケンカ、予想外の出来事も

連続ドラマ「ミリオンジョー」第9話の一場面 (C)「ミリオンジョー」製作委員会
1 / 3
連続ドラマ「ミリオンジョー」第9話の一場面 (C)「ミリオンジョー」製作委員会

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の北山宏光さん主演の連続ドラマ「ミリオンジョー」(テレビ東京)の第9話が12月4日深夜に放送される。死亡した作者・真加田(三浦誠己さん)に代わって、国民的大ヒットマンガ「ミリオンジョー」のなりすまし連載を続ける呉井(北山さん)ら。連載誌「週刊少年グローリー」の副編集長・左子(津田寛治さん)は見付けた証拠を手に、編集長の橋爪(菅原大吉さん)に事実を伝えようとするが、呉井から左子の知らない真相を打ち明けられ……。

 呉井と共に連載していた岸本(深水元基さん)は、その場しのぎのうそを重ねる呉井に「計画はもう潮時だ」と告げ、真加田の金をおろすことを提案。連載完結を目指す呉井とケンカになる。危機感を覚えた岸本は単独である作戦を決行する。寺師(萩原聖人さん)にも予想外の出来事が起こる。

 原作は、作・十口了至さん、画・市丸いろはさんの同名マンガ。ある日、作者が急死してしまった国民的大ヒットマンガ「ミリオンジョー」をめぐるサスペンス。テレビ東京の「ドラマパラビ」枠(水曜深夜1時35分)で放送中。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る