片寄涼太:国民的人気スターを演じ「違う人がこの役をやったら嫉妬しちゃう」

映画
ダブル主演映画「午前0時、キスしに来てよ」の会見を行った片寄涼太さん

 ダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さんが12月4日、東京都内で行われた主演映画「午前0時、キスしに来てよ」(新城毅彦監督、12月6日公開)の先行上映舞台あいさつに、ダブル主演を務める女優の橋本環奈さんらと登場した。国民的人気スターの綾瀬楓を演じている片寄さんは、「とても恐縮な役どころだったけど、GENERATIONSとして歩んできた時間、俳優として活動させていただいた時間、その全てが役作りにつながる。自分にとって出合ったこともないし、今後も出合うことがないような役だった」と振り返り、「この役を演じることができてうれしかった。もし違う方がこの役をやっていたら、少し嫉妬しちゃうかなというほど思い入れがある」と語った。

 舞台あいさつには、眞栄田郷敦さん、遠藤憲一さん、新城監督も出席。橋本さんをバックハグするシーンの感想を聞かれた眞栄田さんは、「意識したというか、もう気づいたらしていた」と話すも、「あっ……役として、気づいたら高ぶっちゃって」とあくまで役としてであることを強調しつつ、赤面していた。遠藤さんは「この顔でこういう作品に出ていいのかな(笑い)。僕の場合、マスクをしたら銀行強盗の役、後ろから抱きしめたら襲っている役だから」と片寄さんと橋本さんの“マスク越しのキス”などを引き合いに出しながら自虐的に話し、周囲を笑わせていた。

 映画は、月刊マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載中のみきもと凜さんの同名少女マンガが原作。国民的人気スターの綾瀬楓(片寄さん)と“超・真面目人間”の女子高生の花澤日奈々(橋本さん)の“格差恋”を描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る