同期のサクラ:第8話視聴率は10.8% 高畑充希“サクラ”昏睡状態の理由が…

テレビ
連続ドラマ「同期のサクラ」の会見に登場した高畑充希さん

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第8話が12月4日に放送され、平均視聴率は10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。第7話の12.2%(同)からダウンしたものの、5話連続で2桁をキープしている。

 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。高畑さん扮(ふん)する“バカ正直”でそんたく知らずの主人公、北野サクラと、花村建設の月村百合(橋本愛さん)、木島葵(新田真剣佑さん)、清水菊夫(竜星涼さん)、土井蓮太郎(岡山天音さん)という同期社員の10年間を描く。

 第8話は、2019年12月。サクラの病室には、同期の百合、葵、菊夫、蓮太郎がいた。4人は、サクラが意識の回復が見込めず身寄りもないことから、病院側から転院を決断してほしいと頼まれる。そこへ、サクラが暮らすアパートの隣人の脇田草真(草川拓弥さん)と中村小梅(大野いとさん)夫妻が訪ねてきて、「こんなことになったのは自分たちのせいだ」と頭を下げる。

 2018年1月。百合らは、「体調が優れない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上、休職期間が延びると会社にいられなくなるため、同期の4人は知恵を絞り、サクラを励まそうとするが失敗。そんな中、サクラのもとに会社から書留が届く。中には、このままでは解雇になるという通知と黒川(椎名桔平さん)からのメモが入っていた……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る