宮沢りえ:女優デビュー作「七日間戦争」を回顧「劣等感あった」 「ぼくらの7日間戦争」舞台あいさつ

映画
劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督)の初日舞台あいさつに登場した宮沢りえさん

 女優の宮沢りえさんが12月13日、東京都内で開催された劇場版アニメ「ぼくらの7日間戦争」(村野佑太監督)の初日舞台あいさつに出席。1988年公開の実写版「ぼくらの七日間戦争」(菅原比呂志監督)で、主人公・中山ひとみを演じた宮沢さんが「演技に対する不得意感、劣等感があって。それは今でもあまりなくなってはいないんですが、とても苦労しました」とデビュー当時を振り返った。

 実写版は宮沢さんにとって女優デビューにして、初主演を務めた作品となり、「演技の経験が初めてだった。撮影に入る前に2泊3日で合宿をして。エチュードみたいなことをやったんですが、それが苦痛で苦痛で……」と苦労も多かった様子だが、「セットに入って、たくさんのスタッフの人たちのエネルギーに押されて。できないと思っていたことがどんどんできていく。初めての作品ですが、演じる奇跡みたいなことを感じられた記憶がある」と女優として大きな一歩となったという。「映画の感想をもらって『とてもいい映画だった』とか『青春です』と言ってくださる方がいっぱいいて、デビューの作品が『ぼくらの七日間戦争』で本当によかったなと思っています」と話していた。

 実写映画で描かれた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年を舞台に、“7日間”の冒険を描く同作。今回、宮沢さんは、“2020年の中山ひとみ”の声優を務めた。「30年後に中山ひとみという役を演じるとは夢にも思っていませんでした」とアニメ版への参加は驚きもあったという。アニメ版で主演を務めた俳優の北村匠海さんは「30年後、違う『ぼくらの7日間戦争』に出られたらいいなと思います」、ヒロインを担った女優の芳根京子さんも「私も便乗させてください!」と声を弾ませていた。舞台あいさつには、村野佑太監督も出席した。

 映画は宗田理さんのベストセラー小説「ぼくらの七日間戦争」(KADOKAWA)が原作。原作は累計発行部数2000万部を超える「ぼくら」シリーズの第1作で、1985年に刊行された。いつも一人で本ばかり読んでいる鈴原守、議員である父親の都合で1週間後に東京に引っ越すことになった千代野綾たちが、古い石炭工場を秘密基地に7日間、大人から隠れようとする……というストーリー。北村さんが鈴原守、芳根さんが千代野綾を演じた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る