注目映画紹介:「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」“ゼロワン” 高橋文哉&“ジオウ”奥野壮らが激闘!

アニメ 映画
映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」の一場面 「ゼロワン/ジオウ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの映画最新作「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(杉原輝昭監督)が12月21日から新宿バルト9(東京都新宿区)ほかで公開される。冬の仮面ライダー映画シリーズの新作で、仮面ライダーゼロワン誕生の秘密を描く。元「乃木坂46」の生駒里奈さんが仮面ライダーの世界の歴史改変をもくろむタイムジャッカー・フィーニス、連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)に出演していた俳優の和田聰宏さんがゼロワン誕生の秘密を握るヒューマギアのウィル役でそれぞれゲスト出演している。

 飛電或人/仮面ライダーゼロワン(高橋文哉さん)が目覚めると、ヒューマギアに支配された世界に変わっていた。社長の座もウィル(和田さん)に奪われ、ヒューマギアの人間抹殺が激化。そんな中、仮面ライダーだった記憶を失くして学生として過ごしていた常磐ソウゴ(奥野壮さん)らが現れる。元の世界を取り戻すため、ソウゴたちと12年前にタイムトラベルした或人。そこで待ち受けていたのは、仮面ライダー1型を開発し、ヒューマギアを守るために戦う自身の父、其雄(山本耕史さん)と、謎のタイムジャッカー・フィーニス(生駒さん)だった……。

 ゼロワン誕生の秘密が描かれる過程で見せる或人の意外な表情の数々に引き込まれた。感情を高ぶらせる姿はテレビシリーズでは見せておらず、高橋さんの熱演ぶりに目が離せなかった。

 テレビシリーズでは深くは描かれていなかった父・其雄とのやり取りは、劇場版では胸アツで、心にジーンと響いてきた。其雄が変身する1型も昭和ライダーテイスト満載なのが憎いところだ。

 「ゼロワン」を楽しみつつ、“ジオウロス”に陥っていた人たちも、久々のジオウチーム活躍に胸躍るはず。特にソウゴが見せる“先輩感”と、何とも言えない“ほほ笑み”は必見。アクションの完成度も高い。ライダーらしさだけでなく、岡田龍太郎さん演じる不破諫らのガンアクションもカッコよく、胸アツシーン満載だ。(遠藤政樹/フリーライター)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る