天上人とアクト人 最後の戦い:京アニ名作がデジタル上映 10年ぶり舞台あいさつに相沢舞、小野大輔

「天上人とアクト人 最後の戦い」の舞台あいさつの様子(C)京都アニメーション
1 / 3
「天上人とアクト人 最後の戦い」の舞台あいさつの様子(C)京都アニメーション

 2009年に公開された京都アニメーション製作の劇場版アニメ「天上人とアクト人 最後の戦い」(木上益治監督)のデジタル上映が12月20日、MOVIX京都(京都市中京区)ほかで始まった。上映初日にMOVIX京都で舞台あいさつが行われ、日高ユメミ役の相沢舞さん、ムント役の小野大輔さん、音響監督の鶴岡陽太さん、音楽プロデューサーの斎藤滋さんが登壇。約10年ぶりの舞台あいさつとなった。

 相沢さんは「2009年公開当時のパンフレットの木上監督の言葉に『全てのものは人の心でできています。アニメもそうです』とありました。その言葉を胸に、これからも京都アニメーションの作品と共に生きていきたいと思っております。本日はありがとうございました」と語った。

 小野さんは「10年の時を経て、京都アニメーションが新たな一歩を踏み出そうという時に京都へ来て、皆さんと一緒に心を一つにして未来へ歩んでいけることを、いち声優として誇りに思っています。未来のクリエーター、未来のアニメ業界へ心をつないでいきましょう。ありがとうございました」とコメントした。

 デジタル上映では、音響もリニューアルした。鶴岡さんは「この劇場作品はテレビシリーズとして始まりましたが、テレビとは思えないクオリティーの高さで作られました。それが今の京都アニメーション作品に見ることができる作品の厚みにつながっていると言えます。そして、皆さんのご声援ご支援のおかげで、10年の時を越えて映画として完成したと思っております。ありがとうございました」と話した。

 同作は、MOVIX京都、EJアニメシアター新宿(東京都新宿区)で26日まで上映される。

 ◇スタッフ(敬称略)

 原作:京都アニメーション▽シリーズ構成:木上益治とユメミる仲間たち▽監督:木上益治▽キャラクターデザイン・作画監督:荒谷朋恵▽美術:田村せいき▽撮影監督:中上竜太▽設定:高橋博行▽色彩設計:高木理恵▽音楽:神前暁▽音響監督:鶴岡陽太(楽音舎)▽編集:重村建吾(スタジオごんぐ)▽音楽プロデューサー:斎藤滋▽音響制作:楽音舎▽音楽制作:ランティス▽制作:京都アニメーション▽製作協力:角川書店▽製作:京都アニメーション▽配給:松竹

 ◇キャスト(敬称略)

 日高ユメミ:相沢舞▽ムント:小野大輔▽小野イチコ:堀川千華▽今村スズメ:今野宏美

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る