佐倉綾音:少年ホクト役・釘宮理恵を「懐かせたい!」 お互いの「好き」を熱弁 劇場版「シンカリオン」で共演

アニメ
劇場版アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」の主人公・速杉ハヤト(左)と少年ホクト (C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

 新幹線がロボットに変形する劇場版アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」(池添隆博監督)が、12月27日に公開された。主人公・速杉ハヤトの声優を務める佐倉綾音さんは、物語の鍵を握る9歳の少年ホクトを演じる釘宮理恵さんとアフレコに臨み、「警戒心が強いホクトの声を聞いた瞬間に『うわー、懐かせたい!』と思った。突っぱねられるほど『可愛い!』と感じた」という。佐倉さん、釘宮さんに作品への思い、アフレコの様子を聞いた。

 ◇“親子”役で共演 少年ホクトは「絶対理恵さんがいい!」

 「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーが原案のコンテンツ。テレビアニメは、2018年1月~2019年6月に放送され、特務機関・新幹線超進化研究所が、巨大怪物体から日本の平和と安全を守るため、新幹線変形ロボ シンカリオンで戦う姿を描いた。劇場版は、JR東日本の新幹線試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」がシンカリオンとして登場し、シンカリオン誕生の秘密や、ハヤトとホクトの親子の絆が描かれる。釘宮さんが演じる少年ホクトは、ハヤトの父・ホクトが時空を超えてやってきた姿だった……という展開。

 ――釘宮さんの演じる少年ホクトは、テレビシリーズでは大人の姿で登場してきたキャラクターで、杉田智和さんが演じています。出演が決まった時の感想は?

 釘宮さん 役が決まった時に、杉田君みたいな、あんなにイケメンの声は出ないので無理かもと思ったんですけど、本編を収録する時には、少年ホクトはハルカ(主人公・ハヤトの妹)と同じ口癖だったので、収録ではハルカの方に注目していました。

 ――佐倉さんは、劇場版では釘宮さんと“親子”役の共演になりました。

 佐倉さん 今回、ホクトは息子のハヤトよりも年下になって、でもお父さんはお父さんだし、誰が演じるんだろうと思っていました。でも、私は、ホクトのビジュアルを見た瞬間に「絶対、理恵さんがいい!」と思ったんです。ホクトの設定を知って「なおさら理恵さん!」と思いました。だから、理恵さんに決まったことを知った時は、「えっ、本当に!」とすごく大きい声が出てしまったことを覚えています。「かなったな」と思って。

 釘宮さん 呼び寄せられました(笑い)。

 ◇少年役の釘宮理恵に感激 佐倉綾音は「ものすごくエネルギーをくれる」

 ――アフレコの様子を教えてください。

 佐倉さん 私は、これだけのセリフ量で、理恵さんの男の子役を生で聞く機会はなかったんです。

 釘宮さん たしかに、女の子役が多いよね。

 佐倉さん そうなんです。いつも生で聞く時は、可愛らしい女の子のイメージだったので、聞いた瞬間に「うわー、懐かせたい! 懐いてくれないかなあ」と。最初、少年ホクトはつんけんして、警戒心が強くて、全然心を開いてくれない。ハヤトはそれを意に介することなく、こじ開けようとするのですが、そんなハヤトと同じ気持ちでした。警戒されればされるほど、こじ開けて笑顔を見られた瞬間の喜びってすごいだろうなと。ホクトに突っぱねられるほど「うわ、可愛い!」って(笑い)。それぐらい魅力的でした。

 釘宮さん まさかこんなふうに思われているとは夢にも思わなかったです(笑い)。ホクトは、自分がいた時代から時空を移動してきて、全く何も分からない状態なので、「この人はぐいぐい来るな」という感じ。明るくて優しくて、自分がどれだけバリアーを張っても、それを壊しにきてくれる。音響監督からは「いきなり仲良くなり過ぎないで」と言われたのですが、私自身はすぐに「そんなに気にかけてくれるなら好き」と懐いちゃうほうなので、その気持ちを封印して……。ホクトの警戒心もだんだん和らいでいくので、気持ちが変化していく部分をすごく細やかに演出していただいて、やらせていただきました。

 ――アフレコを通して感じた佐倉さんの魅力は?

 釘宮さん 本当に集中していて、相手のことを理解しながら、聞いてくれるし、訴えかけてくれるし、ものすごくエネルギーをくれます。普段こうして話している時も、いろいろなことをいっぱい考えながらしゃべっているなと思います。私はフワッとやってしまうというか、感覚的にやっちゃう時が結構あるから、すごく理解して考えていて本当にすごいなって。

 佐倉さん 理恵さんの台本の理解力や読み込みがすごいから、そこで足を引っ張らないようにしなきゃいけないと、背筋を伸ばして臨みました。収録の前日から、理恵さんに細かいことを聞かれても答えられるようにしようと思っていました。

 釘宮さん 聞くと、しっかりした情報量で答えてくれるんです。聞きやすいから、すぐ聞いてしまうのですが、ものすごくちゃんと何でも答えてくれる。

 佐倉さん 理恵さんが現場にいると、私、うれしくて、結構話しかけちゃうんです。ハヤトと同じ感じで、おしゃべりしたい、してほしい、知りたいという。恥ずかしいです……。

 ◇思わず早口になってしまう瞬間とは… 「好き」を語る

 ――主人公ハヤトは、新幹線の運転士になることが夢の鉄道オタク。鉄道のことになると早口でまくしたてるような場面もありますが、二人が語り出すと思わず早口になってしまうことは?

 釘宮さん 私は本が好きなので、読んだ本の感想とか、すごく良かった映画の感想になると早口になります。「ハリー・ポッター」のことになると特にそうですね。「ハリー・ポッター」を読んだ直後はすごいから、我ながら相手に「分からないのにすみません」と思いながら、言いたいから言っちゃう。(佐倉さんへ)読んだら語り合おう! 1巻から。

 佐倉さん 私は「ハリー・ポッター」にあんまり触れてこなかったんですよ。いつもブームに乗るのが遅いんです。

 釘宮さん いいんだよ、いつだって。綾音はどんな時に早口になるの?

 佐倉さん 私は、「乃木坂46」がすごく好きで。メンバーもすごく好きなんですけど、衣装を見るのがすごく好きなんです。「この時のこの衣装のパニエの翻り方が最高」「PVで裾のお芝居が、めっちゃいい仕事してる」とかをしゃべり出すと、ずっと早口で。スタイリストさんによってもこだわりとか刺しゅうの入れ方が全然違うし、ロケなのか室内なのかによっても、使っている素材とかが違うんです。あんまり共感してくれる人がいないんですけど……。

 釘宮さん いや大事だよ。細部が大事だよ、やっぱり。

 ――今回の劇場版にはハヤトの「好きなものは、好きなもののままでいいんだよ」というセリフがあり、「『好き』な気持ちが、強さに変わる」というメッセージも込められています。最後にメッセージをお願いします。

 釘宮さん 今回初めて「シンカリオン」に参加させていただいて、スタッフさんの熱意や監督の思い、キャストが一致団結している雰囲気を肌で感じながら、すごく濃密な収録をさせていただきました。初めて接する「シンカリオン」の世界だったのですが、初めての私がすごくワクワクするぐらい、いろいろな要素が盛り込まれています。ずっとテレビアニメを見ていた方はもちろん、私と同じく初めてという方もワクワクしながら見ていただける作品に仕上がっていると思います。ぜひぜひ、大人の方も子供の方も劇場で見ていただけるとうれしいです。

 佐倉さん 私としても待ちに待っていた劇場版の「シンカリオン」。内容、新しいキャラクター、新しいキャストと、本当に特別感のある劇場版です。皆さんも同じ気持ちで待ってくれていたらいいなと思っています。アフレコを終えてみて、「これはみんな好きになってくれる」と思うことができたので、大きいスクリーンで、老若男女問わず楽しんでいただけたらいいなと思います。劇場でお待ちしております。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る