横浜流星:戦隊後に待っていた不遇の日々「だからこそ、今がある」 “最旬”俳優の現在地と原動力

芸能 テレビ
連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に出演する横浜流星さん

 1月12日スタートの連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)で、清野菜名さんとダブル主演を務める横浜流星さん。ドラマは、驚異的な身体能力を持つ謎の女“ミスパンダ”こと川田レン(清野さん)と、レンを操る”飼育員さん”こと森島直輝(横浜さん)の“最凶バディー”が、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)から依頼を受け、世の中のグレーな事件に白黒をつけるオリジナル作品となる。今作がゴールデン・プライム帯(GP帯、午後7~11時)初主演となる横浜さんに、俳優業への思いなどを聞いた。

 ◇田中圭、中村倫也、永山絢斗らとの共演で「思い知らされた」現在地

 昨年は「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)を皮切りに、「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)「4分間のマリーゴールド」(TBS系)と3作の連ドラに出演し、さらに「愛唄 -約束のナクヒト-」「チア男子!!」「いなくなれ、群青」といった主演映画も立て続けに公開された横浜さん。作品を重ねてきた中で、役に挑む気持ちに何か変化はあったのだろうか。

 「正直言うと、自分の中では特に変わってはいなくて。今やるべきことに全力を注ぐっていうだけで。ただ、以前に比べて、作品や役についてより深く考えるようになったし、作品の中でより役として生きられるようになってきたのかなとは感じています」と手応えを明かす。

 「はじこい」の“ゆりゆり”こと由利匡平役で人気が爆発する少し前に話を聞いたときは、「自分の力不足を突きつけられることもある」と語っていた横浜さん。あれから1年が経過したが、「自分自身、今もやっぱり足りないことの方が多いとは思っています。だからこそ、たくさん学びたいなって思いが常にあって。2019年は田中圭さん、中村倫也さん、永山絢斗さんといった先輩方との共演も多かったので、より自分の力不足や、引き出しのなさを思い知らされて……。それと同時に探究心が強くなったというか。先輩方の引き出しの多さを間近で見て、自分も今、一緒にお芝居できていることを絶対に無駄にはしないよう、しっかりと吸収していこうと思えたのは大きな収穫でした」と笑顔を見せる。

 ◇戦隊後に経験した悔しさは「僕にとっての財産」 原動力は…

 また、横浜さんが「役者としてやっていきたい」と思えたのが、2014~2015年に放送された特撮ドラマ「烈車戦隊トッキュウジャー」での経験だ。「1年間、作品と役に向き合って、芝居をすることの楽しさも学びましたし、ちょうど高校2年から3年になる頃で、大学進学も考えたりはしたんですけど、今やりたいことは芝居なんだって、この道に進むことができたんですけど……」と思い返す横浜さん。しかし、物事はそう簡単には進まなかったという。

 「当時、戦隊(烈車戦隊トッキュウジャー)が終わった後も勝手に仕事があるんだろうなって思っていたんです。でも実際は、オーディションも結構、落ちましたし、『この作品をやりたい』って思っても他の人が選ばれて、10代の頃だから『なんでオレじゃないんだ』って受け入れることができなかった。でも振り返ってみると、当時経験した悔しさは僕にとっての財産で、自分がやりたい作品に出られない、じゃあどうしたらいいんだって考えるいい機会にもなりましたし、だからこそ、今こうやって頑張れているっていうのは絶対にあると思います」と語ってみせた。

 今回の「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」について、横浜さんは「本当に今の時代だからこそ作れる、共感できるドラマになっているんじゃないかな」と語る。「オリジナルなので、自分も台本をもらうまでは先の展開が分からないし、視聴者の皆さんもきっと続きが気になるドラマになっていると思うので、一緒にハラハラドキドキしながら作品を楽しんでいただけたら」とも。

 そんな横浜さんの俳優としての原動力は何なのだろうか? 横浜さんは「自分が芝居が好きっていうのは一つあります。芝居が好きだからこそ、続けてこられたというのはありますし。役として、自分と違う人生を歩めたり、自分が知らなかった感情を知ることができるのも楽しかったりもしますけど。あとはやっぱり、応援してくださる方々がいるからっていうのは僕の中で一番大きいです」と明かしていた。不遇を知るからこそ分かるファンのありがたみ。“最旬俳優”は2020年もファンとともに歩み続ける。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る