注目アニメ紹介:「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」 “願い”を忘れた魔法少女… スマホゲームが原作 シャフト制作

アニメ ゲーム
アニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のビジュアル (C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

 人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のスマートフォン用ゲームが原作のテレビアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」が1月4日深夜から順次、放送される。劇団イヌカレーの泥犬さんが総監督を務め、シリーズ構成も担当。「魔法少女まどか☆マギカ」と同じくシャフトが制作する。

 「魔法少女まどか☆マギカ」は過酷な運命を背負う魔法少女らの姿を描いた作品で、テレビアニメが2011年に放送された。今回の原作となるゲーム「マギアレコード」は、2017年8月に配信がスタートした。

 願いの成就と引き換えに、人知れず戦い続ける魔法少女たちだったが、環いろはは、自分の願いを忘れてしまい、理由も分からないまま、戦い続ける日々を送る。そんなとき、「神浜に行けば、魔法少女は救われる」といううわさが流れ始める。いろはは、魔法少女と共にうわさが集まる街、神浜市へと向かう。失われた願いを求める、いろはの物語が描かれる。

 「プリプリちぃちゃん!!」などの麻倉ももさんが環いろは、「七つの大罪」などの雨宮天さんが神浜市のベテラン魔法少女・七海やちよを演じるほか、佐倉綾音さん、小松未可子さん、花澤香菜さんらが声優として出演する。放送はMBS、TOKYO MX、群馬テレビほか。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る