畑岡奈紗選手:2020年の目標は東京五輪で金メダル 「安定したプレーを続けたい」

畑岡奈紗選手=WOWOW提供
1 / 2
畑岡奈紗選手=WOWOW提供

 LPGA女子ゴルフツアー2020年の開幕戦「ダイヤモンド・リゾーツ トーナメント・オブ・チャンピオンズ」が1月16日に開幕する。LPGA女子ゴルフツアー3年目となった昨シーズン、「4日間大会で勝つこと」を目標の一つに掲げていた畑岡奈紗選手。その目標を4戦目の「キア・クラシック」で見事に達成し、米ツアー通算3勝目を挙げた。目標達成の理由について、「コースを知っていたのも大きいですが、休みをしっかり取らないと安定感が出てきませんので、休みをしっかり取ってリセットした状態で次の試合にいくのは大事だと思いました」と、フィジカルの充実を要因に挙げた。

 しかし、その後のメジャー初戦「ANA インスピレーション」で39位に終わると、2度の2位を挟みながらも、7月の「ダウ・グレート・レイクス・ベイ・インビテーショナル」から「全英 AIG 女子オープン」まで3戦連続の予選落ち。当時の気持ちを「1年後の同時期にはオリンピックがあると思って、少し不安になるときもありました」と吐露。

 その後2週間ほど帰国した際、スイングチェックを機に立て直すと、国内ツアー2勝を記録した。「悪い時には気持ちが前向きになれないこともありますが、そこをどう乗り越えるかが大事です」と話す畑岡選手。トレーニングの成果で飛距離が伸びたといい、「まだ伸びしろがあると思います。女子も300ヤード近く飛ばすレベルまできているので、そこに少しでも近づくようにしたいです」とも語った。

 畑岡選手は、2020年の目標の一つに東京五輪での金メダルを公言。開幕戦を経て2月からのアジアシリーズ、4月にはメジャー初戦の「ANA インスピレーション」が控える。「まずは、最初のメジャーである『ANA インスピレーション』が4月の頭にあるので、そこに照準を合わせます。オリンピック前ということもありますし、大きな大会です」と意気込む。

 東京五輪の出場枠は、6月29日付けのオリンピックゴルフランキングで決まる。畑岡選手は現在、世界ランキング5位で日本人トップ。「全英 AIG 女子オープン」を制した渋野日向子選手が12位で続く。「日向子ちゃんがメジャーを取ったので、ライバルになると思います」という。

 2020年の自身のテーマを「より安定したプレーを続けられるようなシーズンにしたい」という畑岡選手。2019年シーズンは好不調の波が激しかったが、9月に「日本女子プロゴルフ選手権」、10月に「日本女子オープン」と国内メジャーを立て続けに制すなど、調子を上げていった。「今年は秋くらいが調子がよかったので、(来年は)そのいい波を何回か作れればいいなと思います」と語った。

 *……WOWOWでは「ダイヤモンド・リゾーツ トーナメント・オブ・チャンピオンズ」を連日生中継。第1日の16日、第2日の17日は、ともに深夜3時からWOWOWライブで放送。第3日の19日は午前4時からWOWOWプライムで、最終日の20日は午前4時からWOWOWライブで放送される。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る