藤原竜也:カイジは「宝物のような役」 最終章公開で感謝 さらなる続編に意欲も

映画
映画「カイジ ファイナルゲーム」の初日舞台あいさつに出席した藤原竜也さん

 俳優の藤原竜也さんが1月10日、東京都内で行われた福本伸行さんの人気マンガ「カイジ」シリーズが原作の実写映画「カイジ ファイナルゲーム」(佐藤東弥監督)の初日舞台あいさつに出席。「カイジをやったことによって、多くの芸人さんにもネタを提供することができた。街を歩いていても『あのセリフを言ってくれ』とか、『本当にあんなふうにビールを飲むんですか』とか聞かれて。楽しい、明るい、宝物のような役をいただいた」とカイジとの出会いに感謝した。

 「カイジ」は、自堕落な青年カイジが友人の保証人となって多額の借金を背負い、命懸けのギャンブルに挑戦する物語。映画は本作で最終章となり、福本さんが脚本に携わってオリジナルストーリーを考案。原作にはない全く新しい四つのオリジナルゲーム「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」が登場する。舞台あいさつには、福士蒼汰さん、関水渚さん、新田真剣佑さん、吉田鋼太郎さん、佐藤監督も出席した。

 これまでのシリーズ全作品で主演を務めてきた藤原さん。“ファイナル”とついた作品が公開を迎えたが、「皆さんの応援次第で続けさせていただけるんじゃないでしょうか」と、さなる続編に意欲をのぞかせ、観客から大きな拍手を浴びた。「『帰って来たカイジ』みたいな(笑い)。福本先生もアイデアがたくさんありますから、一応これで終わりますけれど、また違う形でも」と語っていた。

 また、キラキラと輝きを放つスーツ姿で登場した新田さんが、藤原さんから「隣にスターがいる」と突っ込まれる一幕も。新田さんは「アメリカにいる頃から『カイジ』が大好きだった。今、藤原さんの隣に立っていることが幸せ。信じられない」と語り、ステージ上で藤原さん演じるカイジのモノマネを披露。撮影現場でもずっとモノマネをしていたといい、藤原さんは、新田さんがモノマネに集中しすぎて本番中にセリフが飛んでいたことを明かして笑わせていた。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る