鬼束ちひろ:NHK「SONGS」登場 紆余曲折のアーティスト人生と歌に懸ける思い語り尽くす

テレビ
NHKの音楽番組「SONGS」に出演する鬼束ちひろさん=NHK提供

 シンガー・ソングライターの鬼束ちひろさんが、2月1日に放送されるNHKの音楽番組「SONGS」に登場することが分かった。番組ではデビュー20周年を迎える鬼束さんが、紆余(うよ)曲折のアーティスト人生と歌に懸ける思いを語り尽くす。

 2000年2月にデビューした鬼束さんは、2枚目のシングル「月光」が異例のロングヒットとなり、さらにファーストアルバムもミリオンセールスを記録するなど、瞬く間にトップアーティストの階段を駆け上ったものの、以降は紆余曲折のアーティスト人生を歩んできた。

 そんな鬼束さんの本音に迫るべく番組ではインタビューを敢行。鬼束さんは「ねこ」「ピアノ」「ファッション」「あきらめない」などといった“自らを表すキーワード”をもとに、今だからこそ語ることができる、アーティストとして矜持(きょうじ)や歌に懸ける思いを赤裸々に明かす。

 さらに、20周年の節目の年に自ら「実話」と語るエピソードを盛り込んで書き下ろした新曲 「書きかけの手紙」をテレビ初披露。そのほか代表曲「月光」「流星群」をピアノとストリングスをバックに披露する。

 「『SONGS』 鬼束ちひろ」は、NHK総合で2月1日午後11時~同30分に放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る