ONE PIECE:ハリウッド実写ドラマがNetflixで全世界配信 全10話 尾田栄一郎がエグゼクティブプロデューサーに

アニメ マンガ
「ONE PIECE」のハリウッド実写ドラマの制作に向けた尾田栄一郎さんのコメント

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」のハリウッド実写ドラマシリーズが、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で全世界に配信されることが1月30日、明らかになった。全10話となり、原作者の尾田さんがエグゼクティブプロデューサーとして参加する。尾田さんは「あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれることになりました! 心強い!! シーズンI 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!? もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!」とコメントを寄せている。

 ドラマ「カウボーイビバップ」「スノーピアサー」などを手がけるハリウッドのトゥモロースタジオがドラマを制作する。「エージェント・オブ・シールド」やNetflixのマーベルドラマシリーズを手がけたマット・オーウェンズさんが脚本を担当。エグゼクティブプロデューサーとして「LOST」などのスティーブ・マエダさんのほか、マーティ・アデルスタインさん、ベッキー・クレメンツさん、マット・オーウェンズさんが参加する。

 「ONE PIECE」は、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年・ルフィが、海賊王を目指して仲間とともに大海原を冒険する姿を描いたマンガ。1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、1999年からテレビアニメが放送されている。コミックスの全世界累計発行部数は4億6000万部以上。2017年7月にハリウッドで実写ドラマ化されることが発表されていた。

 ◇尾田栄一郎さんのコメント

 2017年に制作を発表したんですけど時間かかるのよいろいろ! 水面下でずーっとじわじわ準備が進んでいます。そして今回これを発表していいそうです。あの世界一の動画配信サービスNetflixが大きく力を貸してくれることになりました! 心強い!! シーズンI 10話でストーリーがどこまで進むのか。配役はどうなるの!? もう少しお待ちください。そしてご期待ください!!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る