名古屋行き最終列車2020:最終話 須田亜香里らSKE48メンバーが本人役で出演! もしもアイドルじゃなかったら…

「名古屋行き最終列車2020」の最終話の一場面=メ~テレ提供
1 / 6
「名古屋行き最終列車2020」の最終話の一場面=メ~テレ提供

 名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる人間ドラマを描いたメ~テレ(名古屋市中区)の連続ドラマ「名古屋行き最終列車2020」(東海ローカル)の最終話が2月1日深夜0時10分から放送される。「名古屋行き最終列車」シリーズに7年にわたって出演し、このほど卒業した松井玲奈さんからバトンを受け継いだ、アイドルグループ「SKE48」の須田亜香里さん、大場美奈さん、江籠裕奈さん、野島樺乃さん、北野瑠華さんが出演する。

 同話は、5人が「SKE48」に加入せず、別の人生を歩んでいたらという設定で、架空の本人役を演じる。物語はバックパッカーになって世界を飛び回っていたいと夢を持つ須田亜香里が、旅から戻り名古屋の街に到着するところからスタート。同様に別の人生を歩む大場美奈、江籠裕奈、野島樺乃、北野瑠華と運命的な出会いをしていく……というストーリー。

 ドラマは、愛知県、岐阜県を基盤にする私鉄「名古屋鉄道」を舞台にしたヒューマンコメディーで、2012年から続くオムニバス形式の人気シリーズ。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る