注目ドラマ紹介:「伝説のお母さん」 前田敦子が育児に奮闘する“伝説の魔法使い”に

連続ドラマ「伝説のお母さん」第1回の一場面 (C)NHK
1 / 6
連続ドラマ「伝説のお母さん」第1回の一場面 (C)NHK

 女優の前田敦子さんが主演するNHKの連続ドラマ「伝説のお母さん」(総合、土曜午後11時半)が2月1日からスタートする。NHK「よるドラ」の第5弾で、前田さんは「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」を彷彿(ほうふつ)とさせるロールプレーイングゲーム(RPG)の世界で育児に奮闘する、“伝説の魔法使い”メイを演じる。

 ドラマは、待機児童を抱える母親の活躍や苦悩が描かれたかねもとさんの同名マンガが原作で、「RPGの世界で子育て!?」がテーマ。“伝説の魔法使い”メイ(前田さん)は平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。専業主婦としてワンオペ育児に奮闘する。ある日、かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王の封印が解かれたという知らせが届く。国王(大倉孝二さん)はメイをはじめ「伝説の勇者一行」に魔王討伐の命を下す。果たしてメイは数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか……というストーリーが展開する。

 魔王役で大地真央さん、魔王の側近役で村上新悟さん、メイの夫・モブ役で玉置玲央さん、国王に仕える若き士官・カトウ役で井之脇海さん、伝説の勇者・マサムネ役で大東駿介さん、伝説のシーフ(盗賊)・ベラ役でMEGUMIさんらが出演。NHK・Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」を昨年3月に卒業した小林よしひささんと上原りささんが、魔界のおにいさん&おねえさん役で登場する。

 第1回は、国王が“伝説の魔法使い”メイのもとに士官のカトウをつかわす。復活した魔王に国境の町が攻め落とされ急速に領土が侵されつつあるらしく、再び討伐の旅へ出てほしいというのだ。しかし今のメイは8カ月の子を抱え、ワンオペ育児に奮闘する母親。夫のモブは頼りなく、保育所にも空きはない。悩んだメイは思い切ってモブに子を託し、伝説のパーティー再結成の祝賀会に参加する。再会の喜びに沸くメンバーたちだったが、それぞれ悩みを抱えていて、魔王討伐は明らかに前途多難だった……という内容。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る