山崎賢人:映画「ヲタ恋」でダンスと歌に挑戦  声優アイドルヲタ姿も… 撮影エピソード明かす

映画 マンガ
映画「ヲタクに恋は難しい」で二藤宏嵩を演じる山崎賢人さん

 映画「ヲタクに恋は難しい」(福田雄一監督、2月7日公開)で女優の高畑充希さんとダブル主演を務める俳優の山崎賢人さん。映画は“ヲタク”同士の不器用な恋愛を描いた作品で、ダンスや歌のシーンをふんだんに盛り込んだ“ミュージカル映画”だ。山崎さんは高畑さん演じる桃瀬成海と交際することになる、クールな表情を崩さない重度の“ゲーヲタ”の二藤宏嵩を演じている。山崎さんに、宏嵩の役作りや劇中の“ヲタ芸”シーンなど今作について、さらに大活躍の現状への思いなどを聞いた。

 ◇ハッピにハチマキで“声優アイドルヲタク”姿も…

 原作は、マンガ、イラスト投稿サイト「pixiv」と一迅社の電子書籍サービス「comic POOL(コミックプール)」でふじたさんが連載中のマンガ。2018年4月にはアニメ化もされ、累計発行部数は約900万部を突破している。映画では、アニメやマンガが大好きなことを隠している成海(高畑さん)と、イケメンで仕事もできるが、重度のゲーム好きの宏嵩(山崎さん)のヲタク同士の不器用な恋愛模様が描かれる。舞台では多くのミュージカルを手掛けている福田監督だが、ミュージカル映画は“初挑戦”となる。斎藤工さん、菜々緒さん、賀来賢人さん、ムロツヨシさん、佐藤二朗さんらも出演している。

 重度の“ゲーヲタ”で、クールな表情を崩さない宏嵩を演じる山崎さん。基本的には原作のイメージを大事に演じていたといい、始めは宏嵩について「いろんなことに達観している感じ」ととらえていたという。だが、現場で成海のヲタ友・未来を演じる若月佑美さんと話したことが、イメージを固める助けになったと明かす。「宏嵩ってどういう人物だと思いますか、と聞いたら『ゲームのしすぎで表情筋が死んでしまった』という設定だから(表情が)動かないんですよ、と言われて。なるほど、と思いました。その解釈を知ることができたのは大きかったです」と語る。
 
 劇中にはミュージカルシーンが盛り込まれており、ダンスと歌は「ゼロからのスタートだったので、やっぱり難しかったですね」と山崎さん。本人役で出演している声優の内田真礼さんのライブシーンでは、同僚の賀来さん演じる坂元とともに、ハッピにハチマキ、手にはサイリウムを持ち、激しい“ヲタ芸”を披露する声優アイドルヲタクの一人を演じている。山崎さんは「歌に合わせて、楽しかったです」と思い出して笑い、「『恥ずかしい』とか、そういう感情は宏嵩の中にはないんだな、と思いました。成海のために盲目になり、突き進んでいったところがありますから、純粋な気持ちで踊っていました(笑い)」と振り返る。

 ◇今後も新しいことに挑戦 「ワクワクしたい」

 成海のために突き進む宏嵩を演じる山崎さん。演じるキャラクターの気持ちを大事にするのは、今作に限らず常に意識していることだという。「そのときの自分の感情を(演じるキャラの気持ちに)持っていけるようにしています。喜怒哀楽、自分が本当にそう思っていないと、伝わらないと思うので」と語る。

 これまで2017年公開の映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」や「斉木楠雄のΨ難」、昨年公開された「キングダム」など、話題作で次々に主演をし、今年も今作のほか、4月には主演作「劇場」の公開が控えているなど、活躍が続く。山崎さんは「ありがたいなと思いますね。自分自身が楽しめて、それを見た人にも楽しんでもらえたら一番ハッピーかな、と思うので」と現状への思いを明かし、「期待に応えられるように、これからも頑張りたいですね」と笑顔を見せる。

 今作同様、マンガ原作の映画に数多く出演している山崎さん。原作のある映画に取り組む際は、原作へのリスペクトを欠かさないという。「基本的には、原作のイメージを大切にしています。あとは台本があるので、その中で、一つの人生だと思って(キャラクターを)生きてみようかなって思っています」と心構えを語る。

 ダンスと歌に挑戦するなど、福田組で新たな扉を開いた。この経験が引き金となり、今は新しいことに挑戦する気持ちが高まっているという。「ダンスも無理だと決めつけていたんですが、やってみたら楽しかったし、練習すればうまくなれるんだと分かった。無理だと思うことでもやってみようかな、と改めて思いました」と山崎さん。最後に「新しいことにどんどん挑戦していきたいですね。ワクワクしたいです」と声を弾ませていた。

※山崎賢人さんの「崎」は「たつさき」

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る