河北麻友子:オスカー注目作は「ジョーカー」 アカデミー賞リポーターの意気込み語る

「生中継!第92回アカデミー賞授賞式」でレッドカーペットリポーターを務める河北麻友子さん
1 / 4
「生中継!第92回アカデミー賞授賞式」でレッドカーペットリポーターを務める河北麻友子さん

 世界最高峰の映画の祭典「第92回アカデミー賞」の授賞式が2月10日(日本時間)に米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される。WOWOWの「生中継!第92回アカデミー賞授賞式」でレッドカーペット・リポーターを、女優でモデルの河北麻友子さんが務める。「ジョーカー」(トッド・フィリップス監督)に注目しているという河北さんに、番組の見どころやリポーターとしての意気込みなどを聞いた。

 ◇「ジョーカー」は今まで見た映画の中でも衝撃的

 今回、初めてアカデミー賞のリポーターを務める河北さん。河北さんが育った米国では、家族がそろって授賞式をテレビで鑑賞するのが一般的だといい、「小さいころからずっとテレビで見ていたアカデミー賞なので、行けるだけでもうれしいです。さらに、レッドカーペットでみなさんにインタビューさせていただけるなんて、本当にうれしいです」と声を弾ませる。

 「第92回アカデミー賞」は「ジョーカー」が11部門で最多ノミネートされ、「1917 命をかけた伝令」(サム・メンデス監督)と「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(クエンティン・タランティーノ監督)が10部門ノミネート。そのほかに韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(ポン・ジュノ監督)、「アイリッシュマン」(マーティン・スコセッシ監督)などが注目されている。

 河北さんの注目作は、ずばり「ジョーカー」。「去年見た映画、今までに見た映画の中でも衝撃的でした」といい、「ホアキン・フェニックスさんが、(役の)アーサー(・フレック)にしか見えなくて……。劇中ではものすごく痩せていて、相当の覚悟で挑んだと思います。本当にすごくて、怖かったです」と作品の魅力を熱弁。

 また「『アイリッシュマン』も楽しみです。ロバート・デニーロさんとアル・パチーノさんが共演しているので、レッドカーペットでも会えそうなので楽しみです」とコメント。さらに、「『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』はタランティーノ監督が、いろんな思いを込めてこの作品を撮ったとのことで、監督にもインタビューしたいです。いろんなことをお話してくれそうですね」と語っていた。

 レッドカーペットでは、豪華女優陣のきらびやかなファッションも楽しみにしているといい、「いつも、スカーレット・ヨハンソンさんが素晴らしいファッションなので、今回はどんな全身コーディネートなのか楽しみですね」と目を輝かせていた。

 ◇初物づくしに期待感

 作品賞には、アメコミ原作の「ジョーカー」、Netflix映画「アイリッシュマン」と「マリッジ・ストーリー」(ノア・バームバック監督)、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」がノミネートされている。作品賞を受賞すれば、それぞれアメコミ映画、Netflix映画、韓国映画として初の作品賞受賞作となる。

 河北さんは「時代がどんどん変わっていく中で、新しい歴史が塗り替えられるということで、三つの可能性があるということは楽しみです」といい、「なおさら『ジョーカー』にとってほしいです。とるならこの作品しかないじゃないですか。新しいことがたくさんあるので、目が離せないですね」と語っていた。

 *……授賞式の模様は「生中継!第92回アカデミー賞授賞式」と題して、WOWOWプライムで同日午前8時半から同時通訳で生中継。同日午後9時から字幕版を放送する。案内役はジョン・カビラさんと高島彩さんが務める。生中継では、ゲストに町山智浩さん(映画評論家)、白石和彌さん(映画監督)、さらにスペシャルゲストとして「Sexy Zone」の中島健人さんも出演する。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る