テセウスの船:“さつき”麻生祐未の怪演にSNSで「夢に出るわ~!」 心に「録音してるよね?」の声も(ネタバレあり)

テレビ
連続ドラマ「テセウスの船」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)の第5話が2月16日に放送された。同話では、竹内さん演じる田村心の姉・鈴(貫地谷しほりさん)のしゅうとめ、木村さつきを演じる麻生祐未さんの怪演に、SNS上では「夢に出るわ~!」「こええよ!」といった声が上がった。

 ◇以下ネタバレあり

 原作はマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガ。主人公の田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う物語。

 第5話で田村心(竹内さん)は、記者の由紀(上野樹里さん)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平さん)の無実を証明できるという松尾紀子(芦名星さん)から連絡を受ける。同じころ、鈴(貫地谷さん)は、木村さつき(麻生さん)に「正体を知っている」と脅されていた。夫の木村みきお(安藤政信さん)に文吾の娘だということを隠し続けてきた鈴は、さつきの謀略に協力させられてしまう。

 一度は証言を拒否した松尾だったが、文吾と面会して再び証言することを決め、心を自宅に呼び出すが、さつきの差し金で急きょ鈴も同席。31年前に金丸(ユースケ・サンタマリアさん)を殺害した犯人に心当たりがあると明かす松尾だったが、肝心のところで、さつきから渡された薬を飲んだ鈴が倒れて救急車で運ばれたせいで証言は中断。その後、病院から戻ってきた心は、由紀から松尾が死んだことを聞かされる。そして、その傍らでさつきは病院に運ばれていった……というストーリー。視聴者からは、麻生さんの怪演への反響とともに、心が松尾の証言を聞いているシーンに「録音してるよね?」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る