仮面ライダー:“ゲイツ”押田岳、“ジオウ”奥野壮に「カッコいい」と褒められ照れ笑い 主演Vシネ完成舞台あいさつ

アニメ 映画
「仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」の舞台あいさつに登場した押田岳さん(右)と奥野壮さん

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)で明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)を演じた押田岳さんが2月18日、東京都内で行われたVシネマ「仮面ライダージオウNEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」の完成披露上映会の舞台あいさつに、常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)を演じた奥野壮さんらと登場した。今作の予告映像を見て奥野さんは、「がっくん(押田さん)、芝居がうまくなったなって。めちゃくちゃ上からですけど(笑い)。そういうことじゃなくて、一緒に芝居をしてきて、最初はお互いおぼつかなかったりしていたところがあったのに、予告で改めて見て『かっこいいな』って」と押田さんの演技を絶賛。押田さんは、「かっこよかった?」と照れ笑いを浮かべつつ聞き返し、奥野さんがうなずくと、「ありがとう」とうれしそうに笑った。

 「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」は、テレビシリーズ最終回の“その後”を描くVシネマ。今作では主役を務める押田さんは、「ずっとこの人(奥野さん)の横に立っているだけのキャラだったので、ついに俺が真ん中かと。真ん中、僕です」とちゃめっ気たっぷりにコメント。主演を経験したことで、「真ん中に立つって、こんな大変だったんだと。1年間、彼はやったわけで。それをやってくれたのはすごいな、ありがたいなと思った」と奥野さんへの感謝を口にした。

 舞台あいさつには、ウール役の板垣李光人さん、オーラ役の紺野彩夏さん、スウォルツ役の兼崎健太郎さん、海東大樹(仮面ライダーディエンド)役の戸谷公人さん、照井竜(仮面ライダーアクセル)役の木ノ本嶺浩さん、草加雅人(仮面ライダーカイザ)役の村上幸平さん、諸田敏監督も出席した。

 ウール、オーラ、スウォルツのタイムジャッカーの3人は、今回初めて映画館で上映される「仮面ライダージオウ」シリーズに出演。板垣さんが「言い方はあれかもしれないですけど、さすがに次は出るだろうって」と本音を明かすと、兼崎さんも「映画になると3人そろってどこかへ出かけていた(笑い)」とコメント。すると紺野さんは、「(プロデューサーの)白倉(伸一郎)さんに『冬映画出たい』と言ったのにだめだった。だからやっと出られてうれしい」と喜んでいた。

 Vシネマでは、普通の高校生となったゲイツ(押田岳さん)、ソウゴ(奥野さん)、ツクヨミ(大幡しえり)の3人。けがで柔道の選手生命を絶たれたゲイツの前に、謎の青年ウォズ(渡邊圭祐さん)が現れ、ウォッチとドライバーを差し出してゲイツに救世主になることを告げる。さらに、クラスには海東大樹と名乗る転校生も現れ……という展開。2020年2月28日から期間限定で劇場上映される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る