笑ゥせぇるすまん:藤子不二雄(A)の人気マンガが初の舞台化 “イケメン”佐藤流司が喪黒福造に

アニメ マンガ
「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造(左)と舞台版で主演を務める佐藤流司さん(C)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会

 藤子不二雄(A)さんのブラックユーモアマンガ「笑ゥせぇるすまん」が舞台化されることが2月21日、明らかになった。同作が舞台化されるのは初めてで、“笑ゥせぇるすまん”こと主人公・喪黒福造(もぐろ・ふくぞう)を、ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズなどに出演する“イケメン俳優”の佐藤流司さんが演じる。タイトルは「『笑ゥせぇるすまん』THE STAGE」で、「帝一の國」シリーズや舞台「パタリロ!」シリーズなどの小林顕作さんが演出を手掛ける。

 「笑ゥせぇるすまん」は、人間の心を取り扱う謎のセールスマン・喪黒福造が、心の寂しい人たちを相手にした喪黒の商売を通して、人間の本質であるいい加減さ、弱さ、愚かさを描くブラックユーモア。1968年に読み切り作品「黒イせぇるすまん」として誕生し、その後、連載がスタートした。1989年にアニメ化され、喪黒の「ホーッホッホッホッ」といった笑い声や、商売相手に約束を破った代償を払わせる時に発する「ドーーン!!」という決めせりふが話題となり、人気を博した。2017年には、テレビアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」が放送された。

 舞台版は、4月23日~5月3日に東京・品川プリンスホテル ステラボール、5月7日~5月10日に兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeで上演。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る