テセウスの船:第7話 “心”竹内涼真&“文吾”鈴木亮平コンビ再び みきおが“和子”榮倉奈々を標的に? 「本当の犯人が動き出す」

連続ドラマ「テセウスの船」第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 4
連続ドラマ「テセウスの船」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)の第7話「新章スタート!運命の事件当日」が3月1日、放送される。心は、現代で一連の事件の犯人が木村みきお(安藤政信さん)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。「音臼小無差別殺人事件」まで、あと2日。心は文吾(鈴木亮平さん)と共に、少年のみきお(柴崎楓雅さん)を追うが、村から消えてしまった。

 みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々さん)と兄・慎吾(番家天嵩くん)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回り。家族と村人との間に溝ができていってしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとする。

 そんな中、みきおは計画を邪魔する心を消すために、和子の命を狙おうと画策。心と文吾は家族のピンチを救えるか……。

 予告映像では、少年のみきおが、心のボイスレコーダーを手にする姿などが収められている。ラストには「本当の犯人が動き出す」というテロップも登場する。

 原作は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載された東元俊哉さんの同名マンガ。主人公の田村心が31年前にタイムスリップし、父で警察官の佐野文吾が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う物語。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る