今週シネマ:3月20日公開の映画「一度死んでみた」「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」「弥生、三月 君を愛した30年」…話題作続々

映画
映画「一度死んでみた」のビジュアル(C)2020 松竹 フジテレビジョン

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。3月20日は、女優の広瀬すずさん主演の「一度死んでみた」(浜崎慎治監督)、米DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインが主人公の「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」(キャシー・ヤン監督)、女優の波瑠さん、俳優の成田凌さん共演の「弥生、三月 君を愛した30年」(遊川和彦監督・脚本)が公開された。

 「一度死んでみた」は、広瀬さんが反抗期のデスメタル女子に扮(ふん)し、コメディー映画で新境地を開拓。堤真一さん演じる父親キャラも強烈なら、吉沢亮さん演じる存在感ゼロの秘書も別の意味で強烈。この3人が軸となり、大いに笑って、ほろりとさせられる物語が展開していく。

 監督は、au「三太郎」シリーズなどを手掛けるCMディレクターの浜崎さん。脚本は、ソフトバンク「白戸家」シリーズなどで知られるCMプランナーでクリエーティブディレクターの澤本嘉光さんが手がけた。リリー・フランキーさん、小澤征悦さん、嶋田久作さん、木村多江さん、松田翔太さんらも出演している。

 「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」は、悪のカリスマ、ジョーカーと破局した後のハーレイが、謎のダイヤを盗んだ少女カサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコさん)を守るため残忍な敵、ブラックマスク(ユアン・マクレガーさん)と戦う姿を描く。マーゴット・ロビーさん演じる“悪”だがチャーミングなハーレイの魅力が全開。ド派手でトリッキーなアクションも見どころだ。日本語吹き替え版ではハーレイの声を東條加那子さん、ブラックマスクを森川智之さん、カサンドラを花澤香菜さんが担当する。

 「弥生、三月 君を愛した30年」は、ドラマ「家政婦のミタ」(2011年)や「同期のサクラ」(2019年)などの脚本で知られる遊川さんの、「恋妻家宮本」(2017年)に続く監督2作目。一組の男女の、高校生から50代までの30年にわたるラブストーリーが紡がれていく。杉咲花さん、岡田健史さん、小澤征悦さん、黒木瞳さんらが出演している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る