機動戦士ガンダム:実は“しくじりアニメ”だった? 子供を困惑させたシャア… カズレーザーが「しくじり先生」で解説

アニメ テレビ
3月27日放送の「『しくじり先生』特別編 カズレーザー先生 ~しくじりアニメ 機動戦士ガンダム 打ち切りとなった4つのしくじり」の一場面=テレビ朝日提供

 人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の3月27日放送回で、人気アニメ「機動戦士ガンダム」を題材にした授業が放送される。お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザーさんが、アニメに秘められた四つの“しくじり”を解説し、作品から教訓を学ぶ授業を繰り広げる。

 「機動戦士ガンダム」は、1979年に放送開始。シリーズ作品を含め国民的アニメとして知られているが、放送当初は人気がふるわず、予定していた全52話から9話短縮され、43話になったという。カズレーザーさんは、その理由を「子供たちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と指摘。主人公のアムロ・レイのしくじり言動や、子供たちを困惑させたというシャア・アズナブルの意味不明なセリフなどを取り上げて解説する。

 「『しくじり先生』特別編 カズレーザー先生 ~しくじりアニメ 機動戦士ガンダム 打ち切りとなった4つのしくじり」は、27日午後11時15分から放送。小宮有紗さん、アイドルグループ「日向坂46」の小坂菜緒さん、「ぺこぱ」らが出演する。完全版が同日深夜0時15分からAbemaビデオで配信。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る