イエスタデイをうたって:最終回の“その後”描く短編「グランドジャンプ」に掲載 冬目景の描き下ろし

アニメ マンガ
アニメ「イエスタデイをうたって」のビジュアル(C)冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

 冬目景さんの人気マンガ「イエスタデイをうたって」の短編読み切り「イエスタデイをうたって特別編-11・S14-」が、4月1日発売のマンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)9号に掲載される。冬目さんの描き下ろしで、2015年まで連載された本編最終回の“その後”を描く。最終回で姿を見せなかった主役2人が、その後どうなったかが明らかになるという。

 4月にスタートするテレビアニメの冒頭シーンを収めた約10分のトレイラームービーが公開された。ムービーにはロックバンド「ユアネス」による主題歌「籠の中に鳥」の一部が収録されている。また、小林親弘さん、宮本侑芽さん、花澤香菜さん、花江夏樹さんという4人のメインキャストの掛け合いをまとめたダイジェスト映像も収録。

 「イエスタデイをうたって」は、大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしているリクオ、ミステリアスな少女ハルら若者の恋を描いたマンガ。1997年に「ビジネスジャンプ」(同)で連載がスタートし、同誌の休刊に合わせて創刊された「グランドジャンプ」に移籍。2015年まで18年にわたって連載された。コミックスのシリーズ累計発行部数は140万部以上。

 テレビアニメは、小林さんが魚住陸生(リクオ)、宮本さんが野中晴(ハル)、花澤さんがリクオの大学の同級生の森ノ目しな子、花江さんが美大を目指し予備校に通う高校3年生の早川浪をそれぞれ演じる。「NEW GAME!」などの藤原佳幸さんが監督を務め、シリーズ構成、脚本を担当。動画工房が制作する。全12話。4月4日から、テレビ朝日の新たな深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」で土曜深夜1時半から放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る