浦安鉄筋家族:実写ドラマで染谷将太が花丸木役 大東駿介、松井玲奈、宍戸美和公、滝藤賢一も出演

マンガ テレビ
連続ドラマ「浦安鉄筋家族」に出演する(左上から)松井玲奈さん、染谷将太さん、大東駿介さん、(左下から)宍戸美和公さん、滝藤賢一さん (C)「浦安鉄筋家族」製作委員会

 浜岡賢次さんのギャグマンガを俳優の佐藤二朗さん主演で実写化する4月スタートの連続ドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)に、染谷将太さん、大東駿介さん、松井玲奈さん、宍戸美和公さん、滝藤賢一さんが出演することが3月27日、分かった。

 染谷さんが桜(岸井ゆきのさん)の彼氏の花丸木、大東さんが小鉄(斎藤汰鷹=たいよう=さん)のクラスの担任の春巻龍、松井さんがファミレス「べーやん」の店長・麻岡ゆみ、宍戸さんが小鉄の同級生・土井津仁の母・仁ママ、滝藤さんが大鉄(佐藤さん)のタクシー常連客を演じる。

 ドラマは、佐藤さん演じる千葉県浦安市に住むパワフルな一家、大沢木家の父・大鉄が主人公。大鉄の妻・順子を水野美紀さん、大沢木家の長女・桜を岸井ゆきのさん、長男の晴郎を本多力さん、次男の小鉄を斎藤さん、祖父の金鉄を坂田利夫さんが演じる。また同局の“諸事情”で、スタッフの愛息キノスケくんが大沢木家の三男・裕太役で出演する。4月10日スタート。

 「浦安鉄筋家族」は、1993年にマンガ誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載が始まり、2002年に「元祖!浦安鉄筋家族」、2010年には「毎度!浦安鉄筋家族」にタイトルを変更。現在は「あっぱれ!浦安鉄筋家族」が連載されている。千葉県浦安市を舞台に、元気な小学2年生の少年・小鉄やクラスメートらの愉快な日常を描いている。1998年、2014年にテレビアニメ化された。

 ◇染谷将太さんのコメント

 「浦安鉄筋家族」が大好きすぎて、子役時代、「浦鉄」が実写化した際は絶対に参加したいという思いから、ひたすらマンガを読み込み自分なりに演じてみて、熱演のあまり親にうるさいと言われたりなどしながら、出演する準備を勝手にしてきました。そんな日から約20年。まさか、実現するとは! しかも花丸木! あの神がかったキラキラボーイを体現するとは! 小指を正して演じさせていただいております。

 ◇大東駿介さんのコメント

 間違いなく、僕の役者人生で、もっともバカで、もっともいとおしい人物でしょう。学生時代から愛読している、とても思い出深い作品のもっとも好きなキャラクターを演じさせていただくことは、ちびるぐらいうれしい半面、高速道路の真ん中で遭難するぐらい怖いものですが、至高のバカ春巻龍に導いてもらい、多少日常生活に支障をきたす覚悟で挑みたいと思います。佐藤二朗さんはじめ、バカ真面目にバカをできる素晴らしいキャストの皆さんと作る「浦安鉄筋家族」。こりゃすごいことになるチョー。

 ◇松井玲奈さんのコメント

 兄の影響で小学生のころから「浦安鉄筋家族」は親しんできたマンガの一つでした。とにかくはちゃめちゃな物語に触れると、気楽に楽しく、思うままに生きてもいいのではと思えます。べーやんの店長、麻岡さんは、大鉄をはじめとする喫煙者「アホヤニーズ」と小さな攻防を繰り返す役どころです。ヤニーズの皆さんの押しと、ノリに負けないように、私もグイグイと立ち向かっていきたいと思います。10年ほど前にお芝居を始めたころ、そわそわして落ち着かなかった私に二朗さんが「お前はできる」と活を入れてくださったことがありました。酔っ払って電話をかけてくる二朗さんですが、真面目なところ、おちゃめなところも含め、信頼のおけるすてきな先輩だと思っています。

 ギリギリまで攻めた演出や展開は脚本を読んでいるだけで、笑わずにはいられません。物語にはあっと驚く仕掛けもあるので、ぜひ最初から最後まで楽しんでいただけたらと思います。松井玲奈の新しい一面にも触れていただけるのでは?!と思います。

 ◇宍戸美和公さんのコメント

 私が仁ママだなんて……大丈夫? ダルビッシュ様が「誰がやるんや」とつぶやかれたとか……恐怖です。どうか注目しないで。見ないで。やりたいけど、ダルビッシュ様には見られたくなーい……と言っても、濃ーい方ばかりなんでまぎれます。どこに出てたっけ?と通り過ぎてしまうでしょう。「浦筋」ファンの皆さま、ふつつか者ですが、よろしくお願いします(私、お金持ちより貧乏が似合うんです。それで、出ちゃうんです)。佐藤二朗様・存在感! 水野美紀様・器用塊! 岸井ゆきの様・お菓子! 本多力様・ご近所! 斎藤汰鷹様・実物大! キノスケ様・無垢(むく)寝! 坂田利夫様・伝説上! 4月10日、うんこを握ってテレビの前でお待ちください。

 ◇滝藤賢一さんのコメント

 まさか、「コタキ兄弟と四苦八苦」の流れで「浦安鉄筋家族」に出られるとは……。2クール連続の「ドラマ24」。あまりにも品がないのでは? と、一瞬お断りしようか考えましたが2秒でやると決めました。私、滝藤賢一。もはやテレビ東京の回し者と思われても致し方ありません。

 化け物・佐藤二朗さん。現場で納得いくまで何度も段取りを重ねる姿。面白さへのあくなき追求心。あまりのストイックさに恐怖しました……。こうやって芝居の化け物は生まれたんだな~。そして、我が戦友、水野美紀さん。化け物・佐藤二朗を相手に、どんな大立ち回りを見せるのか! あ、もちろん私もできる範囲でやりたい放題やらせていただきました(笑い)。ああ! コタキ兄弟と四苦八苦! 終わってほしくない! ああ! でも浦安鉄筋家族! 早く見たい!

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る