がんばれいわ!!ロボコン:人気特撮ドラマが20年ぶりに映画で“復活” 白倉伸一郎「仮面ライダーゼロワンは、ロボコン復活への布石」

アニメ 映画
特撮ドラマ「ロボコン」シリーズの最新作「がんばれいわ!!ロボコン」のロゴ(C)石森プロ・東映

 赤いボディーのロボット・ロボコンが活躍する、故・石ノ森章太郎さん原作の特撮ドラマ「ロボコン」シリーズの約20年ぶりの新作となる映画「がんばれいわ!!ロボコン」が、7月31日に公開されることが4月1日、明らかになった。「燃えろ!!ロボコン」を手がけた石田秀範監督と脚本の浦沢義雄さんが再びタッグを組む。

 東映の白倉伸一郎プロデューサーは「お仕事ロボットの世界を描く『仮面ライダーゼロワン』は、ロボコン復活への布石にすぎなかった! 時代はまさに1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で100点満点目指します。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ~」とコメントを寄せている。

 「ロボコン」シリーズは、どんな困難にもくじけないロボコンが、人間社会で繰り広げる“熱血ロボット根性ドラマ”。1974~77年に第1作「がんばれ!!ロボコン」が放送され、同時期に誕生した「スーパー戦隊」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズと共にヒットし、最高視聴率は29.2%を記録した。1999~2000年には、香港で起こった「ロボコン」ブームの影響もあり、「がんばれ!!ロボコン」のリメーク作「燃えろ!!ロボコン」が放送され、前作を見ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディーロボット作品として人気となった。

 映画「がんばれいわ!!ロボコン」は、MX4D版も上映される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る