半沢直樹:“テレビ会議用”背景写真 公式ツイッターで配布 

テレビ
堺雅人さんの主演連続ドラマ「半沢直樹」のロゴ(C)TBS

 俳優の堺雅人さんが型破りの銀行マン役で主演を務め、大ヒットしたドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)続編の放送が控える中、ドラマの公式ツイッター(@Hanzawa_Naoki)でテレビ会議などに使用できる背景写真が配布された。写真は、続編に登場する「東京セントラル証券」の会議室や「東京中央銀行」、IT企業「スパイラル」のロゴが入った写真など。また、公式サイトでは、続編のロングスポットも公開された。

 公式ツイッターでは、「テレビ会議用の背景配布」と題して「ビデオ会議やミーティングなどでぜひお使い下さい」「在宅なのにまるで会社にいるかの背景ですが……。皆様のビデオ会議が少しでも明るいものになりますように」「番組を楽しみにして下さっている皆様 お届けできる日までしばしお待ち下さい」と呼びかけている。ドラマは新型コロナウイルス感染拡大の影響で初回放送日を遅らせている。

 「半沢直樹」は、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズの「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マンの半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。ドラマが2013年7~9月に放送され、最終回に42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録し、話題となった。

 前作は、東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、大阪西支店融資課長から本部営業第2部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた。続編は、「半沢直樹」シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(文春文庫)を映像化し、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。前作に続き、上戸彩さん、片岡愛之助さん、香川照之さん、北大路欣也さんも続投する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る