キラッとプリ☆チャン:“まりあ”茜屋日海夏、“すず”徳井青空の「かわいい」「かっこいい」秘話

アニメ
「キラッとプリ☆チャン」に出演する茜屋日海夏さん(左)と徳井青空さん

 アニメやゲームが人気の「プリティー」シリーズの「キラッとプリ☆チャン」(テレビ東京系、毎週日曜午前10時放送)で、金森まりあを演じる茜屋日海夏(あかねや・ひみか)さんと黒川すずを演じる徳井青空(とくい・そら)さん。まりあ、すずは、2019年4月にスタートしたシーズン2で新たに登場したキャラクターで、グループ「Ring Marry(リングマリィ)」として活躍。“かわいい”まりあ、“かっこいい”すずの凸凹コンビが人気を集めている。茜屋さん、徳井さんにまりあ、すずへの思い、魅力、コンビネーションなどを聞いた。

 ◇まりあはあじみ先生寄り?

 --約1年にわたってまりあ、すずを演じてきて感じていることは?

 茜屋さん 最初、キャラクターの設定の絵を見た時、絶対「かわいい」、ラブリーな子なんだろうな……、「プリパラ」の時もラブリーなキャラをやりましたが、よりぶりっ子なのかな?と思っていました。でも、(黄木)あじみ先生寄りのキャラだった! まさかのぶっ飛んだ方の「かわいい」だったんです。

 徳井さん すずは、まりあちゃんとの仲がどんどん深まり、新しい面も見れるようになりました。結構後半では、デレると言いますか、いろいろな表情が見られるようになりましたし、どんどんかっこよく、かわいくもなってきたと思っています。これまで、ひみちゃん(茜屋さん)とはライブで一緒になることは多かったのですが、アフレコでの共演はあまりなかったので、すごく新鮮だったし、一緒にできてうれしかったです!

 --まりあは「かわいい」というせりふがとにかく多いですね。

 茜屋さん 台本の「かわいい」の部分だけ丸で囲っていたんです。ここにも!と隅々にまで「かわいい」が隠されていて……。「●●かわいい」「かわいい●●」とかもあって、最初の頃は言い方が分からなかったのですが、(音響監督の)長崎(行男)さんに「かわいい●●」は「形容詞なのでワンワードです」と言われたこともありました(笑い)。

 ー-私生活でも「かわいい」を意識するようになった?

 茜屋さん そうですね。そもそも「かわいい」ってなんだろうってところから考えましたし、駅のホームとかで誰かの鞄を見て「かわいい」ってつぶやいたり……(笑い)。普段から「かわいい」を口に出して、「かわいい」精神を刷り込ませていました。

 --すずは「かっこいい」キャラです。

 徳井さん まりあちゃんの「かわいさ」と対比になるような「かっこよさ」を出せたらと思っていました。とはいえ、最初はもうちょっと女の子らしいキャラと思っていたのですが、「もっと男らしくていいですよ」とディレクションをいただいたので、本当に男の子らしくしています。私の心の中に眠るイケメンさを出せたらいいな……と演じています。地声はどちらかというと低いので、(男の子のようなキャラに)挑戦してみたかったんです。だから、うれしいですね。

 --それぞれ演じるキャラに憧れるところもある?

 茜屋さん 憧れるところは結構あって、まりあちゃんはあまり悲しい顔をしないんですね。みんながびっくりしている時でも、目がハートになっていたり、ニコニコしていたりします。大人になると、笑顔に疲れてしまうこともあるとは思うのですが、まりあちゃんを見ていると笑顔って伝染するんだなと思います。すてきですよね。それに、全肯定で、否定をしないので、演じている私も元気になります。

 徳井さん すずのすごくストイックなところに憧れます。いつもダンスの練習を欠かさないですし、すごく真面目なんです。私は人見知りで、仲良くなって、素を出せるようになるまでに時間がかかるんです。すずちゃんも、仲良くなってから見せる部分もあって、そこはちょっと似ているところかもしれません。

 ◇エモいグループ結成

 --第67話「まりあとすず!ついにグループ結成!?だもん!」では、まりあとすずがリングマリィを結成しました。

 茜屋さん 青空さんが演じるすずちゃんが発した言葉で、テストでも本当にウルッときて、涙声になりました。受け取るものが本当に大きかったんです。

 徳井さん まりあちゃんがすずちゃんに真剣に訴えかける声にすごく気持ちが込められていて、私もウルッとしながら収録しました。

 茜屋さん 感動しますよね。普段はギャグもありますが、真剣になると、こんな一面あったんだ!ってグッとくるものがあります。

 徳井さん (桃山みらい役の林)鼓子ちゃんも「エモい!」と言っていたり。

 茜屋さん 鼓子ちゃん、言っていましたね!

 --結成の際の流れた楽曲「インディビジュアル・ジュエル」も人気です。

 徳井さん サビのところがすごい尊すぎて、エモすぎて……。

 茜屋さん 同じこと言おうとしていました(笑い)。ライブイベントもすごく印象的でした。

 徳井さん そうですね! ひみちゃんがまりあちゃんに見えて、目を合わせて歌うところで、もうウルッときちゃいました。

 茜屋さん ウルッときますよね!  こんな泣ける曲なんだ!って。

 --まりあのソロ曲「シアワ星かわいい賛歌」は「とにかくかわいい」と話題です。

 茜屋さん 賛美歌じゃないかっていうか……(笑い)。どこかの学校の校歌にして、音楽の教科書にぜひ載せていただきたいくらいの曲です。小さい子の教育にぴったり。いい歌詞なんですよ。「五ゾウ六プに超かわいい」とかもすごい(笑い)。スルメソングですね。

 --すずのソロ曲「キューティ・ブレイキン」は対照的に「かっこいい」楽曲です。

 徳井さん まりあちゃんの曲とは対照的に「かっこいい」に振り切った曲です。ラップをやってみたかったので、挑戦できたこともうれしかったです。

 ◇「プリティー」シリーズの伝統

--「キラッとプリ☆チャン」シーズン2の第76~87話を収録したブルーレイディスクBlu-ray&DVDボックス第3巻が発売されました。収録エピソードの中で印象的だったのは?

 茜屋さん 第88話「あんなとえも!仲なおりサバイバル! だもん!」の(赤城)あんなが「かわいい」ですよね。ツインテールズ!

 徳井さん 「かわいい」です! サバイバルの極限状態で二人の気持ちを確かめ合うんですよね。

 茜屋さん 素晴らしいです!

 --「キラッとプリ☆チャン」を含む「プリティー」シリーズは2010年の始動から約10年を迎えます。茜屋さんは「プリパラ」にも出演していますが、伝統を感じることは?

 茜屋さん やっぱりライブシーンではないでしょうか。「プリパラ」の時もそうでしたが、「プリ☆チャン」もライブシーンのキャラクターの髪のなびき、スカートのヒラヒラなど細部までこだわりがすごいんです。ダンサーの方のダンスのモーションキャプチャーを映像にしているのですが、放送された時の感動がすごいんです。私もいつもワクワクしながら歌っています。

 --徳井さんは「キラッとプリ☆チャン」からの参加ですが、どんなところに魅力を感じていますか?

 徳井さん お子さんはもちろん、大人が見てもすごいワクワクできる音楽、ストーリーです。大人も考えさせるようなお話の時もありますし、年齢に関係なくみんなが楽しむことができるすごくすてきなシリーズなんだと改めて感じています。

 --4月からシーズン3が放送中です。まりあとすずはニューヨークに旅立ちましたが、今後の意気込みを教えてください。

 徳井さん 二人の両思い度合いからくるコンビネーションはどのチームにも負けていないと思うので、そこをもっと、より多くの人にアピールしていけたらと思います。「かっこいい」路線をもっと極めて、キャラを立てられるように、すずちゃんみたいになりたい!という女の子もいっぱい出てきてくれたらうれしいです。

 茜屋さん まりあとすずでインパクト、爪痕しか残していない気がするので……(笑い)。濃い二人ですが、シーズン3では新キャラもたくさん登場するので、食われないように! やっぱりこの世界、毎回ですけれど食われないことが大事なんで!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る