機動戦士ガンダム サンダーボルト:新章突入 舞台はルナツー 試作中の新型MSも

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の新章がスタートした「ビッグコミックスペリオール」11号
1 / 1
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の新章がスタートした「ビッグコミックスペリオール」11号

 太田垣康男さんのマンガ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」が、5月8日発売の連載誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)11号で新章に突入した。地球連邦軍の宇宙要塞(ようさい)ルナツーから物語が始まり、アナハイムエレクトロニクス社製の試作中の新型MS(モビルスーツ)のブルGも登場した。同号では、松本大洋さんの新連載「叛意明らか也」もスタートした。

 「機動戦士ガンダム サンダーボルト」は、「MOONLIGHT MILE」などで知られる太田垣さんのマンガで、「ビッグコミックスペリオール」で2012年に連載がスタート。「機動戦士ガンダム」の一年戦争のサンダーボルト宙域での地球連邦軍とジオン公国の戦い、一年戦争後のジオン残党軍、連邦、南洋同盟の戦いなどが描かれており、アニメも人気を集めている。シリーズ累計発行部数は350万部以上。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る