ダイの大冒険:3タイトルのゲーム一挙発表 スマホ、アーケード、家庭用

アニメ ゲーム
「インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のゲーム画面

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の3タイトルの新作ゲームが制作されることが5月27日、分かった。スマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-」、アーケードゲーム「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 クロスブレイド」、家庭用ゲーム機向けアクションRPG「インフィニティ ストラッシュ ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の3タイトルで同日、YouTubeのVジャンプチャンネルで配信された発表会で発表された。

 「インフィニティ ストラッシュ」の対応ハードは今後、発表される。2021年にリリース予定。

 スマートフォン向けゲーム「魂の絆」は、“爽快大爆進RPG“で、最大3人でプレーできる。2021年に配信。

 アーケードゲーム「クロスブレイド」は、タカラトミーアーツの対戦カードゲーム。描き下ろしのカードを使ってプレーする。2020年秋以降に登場。玩具がタカラトミーから発売されることも発表された。

 「ダイの大冒険」は、三条陸さんが原作、稲田浩司さんが作画を担当し、堀井雄二さんが監修。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1989~96年に連載された。少年・ダイが、魔法使いのポップたちと魔王を倒すために冒険する姿が描かれた。コミックスの累計発行部数は約4700万部。1991~92年にテレビアニメが放送された。約28年ぶりの新作テレビアニメがテレビ東京系で10月から放送される。

 (C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京(C)SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.(C)T-ARTS(C)DeNA Co.,Ltd.

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る