過保護のカホコ:「特別編」2回目 “カホコ”高畑充希が初めての失恋 酔っ払った勢いで“初”竹内涼真の元へ

テレビ
連続ドラマ「過保護のカホコ」の場面写真=日本テレビ提供

 2017年7月期に放送された女優の高畑充希さんの主演ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)の「特別編」の2回目が、6月6日午後2時55分から日本テレビで放送される。今回は第3話と第4話が放送される。

 ドラマは、「家政婦のミタ」「○○妻」の遊川和彦さんが脚本を手がけ、就職間際の21歳にして生活のすべてが親任せという“純粋培養人間”の女子大生・カホコ(高畑さん)が、自分とは正反対の環境で育った青年・初(竹内涼真さん)と出会って成長していくホームドラマ。カホコの家族に対する愛情や、カホコと初の胸キュンシーンなどが放送時、話題となった。

 第3話は、カホコがイト(久保田紗友さん)との確執を初に打ち明け、自分を受け止めてくれた初にひかれる。カホコは、正高(時任三郎さん)が泉(黒木瞳さん)を好きになったきっかけが手作り弁当だったと知ると、花嫁修業と偽って泉に弁当の作り方を教えてもらう。さらに、思わぬ成り行きで初に告白しようということになり、インターネットで得た情報を駆使するが……。

 第4話は、カホコが生まれて初めて泉に反抗したことで、固い絆で結ばれた母娘の関係は冷戦状態に突入。そんな中、カホコは初から「過保護でガキっぽいところがタイプではない」とフラれ、人生で初めて失恋する。失恋の痛手を忘れるにはお酒が効くと聞いたカホコは、初めてお酒をガブ飲みし、酔ってしまう。そして、その勢いのまま初の元へ向かう……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る