ソニック・ザ・ムービー:ソニックが宿敵ドクター・ロボトニックと対決 「ノープロブレム!ここは俺に任せとけ!」

映画 ゲーム
映画「ソニック・ザ・ムービー」の場面写真 (C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 セガの人気ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の人気キャラ・ソニックを実写映画化した「ソニック・ザ・ムービー」(ジェフ・ファウラー監督、6月26日公開)の本編映像の一部が6月18日、解禁された。ソニックたちが宿敵のドクター・ロボトニック(ジム・キャリーさん)と対決するシーンが収められている。

 映画でソニックは、落としてしまった金色のリングを取り戻すため、サンフランシスコの超高層ビル「トランス・アメリカピラミッド」の頂上を目指し、相棒ドーナツ・キングことトム(ジェームズ・マースデンさん)、プレッツェル・クイーンことトムの妻マディ(ティカ・サンプターさん)と旅に出る。

 解禁された本編映像は、3人がついにビルの頂上にたどり着いたその瞬間、執拗(しつよう)に追いかけてくるドクター・ロボトニックが突如目の前に現れた……という緊迫感あふれるシーン。「おしゃべりの時間は終わり! ボタンを押す時だ」と最終宣告するドクター・ロボトニックに、ソニックは「まるで空飛ぶタマゴだな! ミスターエッグマン! でも言っておくぜ。俺は捕まらない」と応戦する。無数の小型メカがソニックたちに向けて一斉に照準を合わせ、攻撃の準備が始まるが、ソニックは「ノープロブレム! ここは俺に任せとけ!」と言って、超高速でトムとマディを高層ビルから突き落とす……という内容。

 映画は、宇宙最速で走るパワーを授かった青いハリネズミのソニックが、保安官のトムとバディーを組み、宿敵のマッドサイエンティスト、ドクター・ロボトニックの恐るべき陰謀に立ち向かう冒険エンターテインメント。日本語吹き替え版では俳優の中川大志さんがソニックの声優を担当している。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る