RAMPAGE吉野北人:主演映画「私がモテてどうすんだ」 劇中でガールズガールズの主題歌をアコースティックバージョンでカバー

映画
映画「私がモテてどうすんだ」に出演している(左から)山口乃々華さん、富田望生さん、吉野北人さん(C)2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会(C)ぢゅん子/講談社

 ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のボーカル・吉野北人さん主演の映画「私がモテてどうすんだ」(平沼紀久監督、7月10日公開)で、吉野さんと、ヒロインを二人一役で演じた山口乃々華さん、富田望生さんの3人が、パフォーマンスグループ「ガールズガールズ」が歌う主題歌「私がモテてどうすんだ」を劇中で歌唱していることが6月29日、分かった。

 吉野さんは、温厚で優しいが天然な一面も持つ六見遊馬として、ガールズガールズが歌うハイテンションなオリジナル主題歌とは異なるアコースティックバージョンをソロで歌唱。グループのボーカルとして歌う時とは違う、ラブコメディーのテイストを意識したといい、「六見遊馬として歌っている設定でしたが、六見の性格では普段見せないような秘めた情熱と感情を込めて歌ったので、そのギャップもぜひ感じてもらえるとうれしいです」とコメント。

 「映画の主題歌を歌って、それを本編内に使うと聞いた時『え!? どこのシーンで使うの?』と思いましたが(笑い)。完成した映画を見て、不意にそのシーンが訪れたので『え? ここで!?』と笑ってしまいました」とも明かした。

 ヒロイン・芹沼花依を演じる山口さんと富田さんは、映画冒頭のミュージカルシーンで、踊りながら同曲を熱唱した。山口さんは「個人的に歌唱するのは、初めてのチャレンジでした! レコーディングルームに入り、感情を乗せながら歌で表現することが難しかったのですが、歌うことは昔から好きだったので、うれしくもあり、楽しかったです! 望生ちゃんのかわいく安定感抜群の歌声に支えられながら、2人で最高の1曲が出来上がりました!」とコメント。

 富田さんは「花依ちゃんの本音が楽曲になっているので、言葉ひとつとっても、大切に歌わないと! と思いました。ポップな歌詞やメロディーによって、力強さも可愛らしさも兼ね備えたヒロイン花依ちゃんにぴったりの曲です。“二人の花依ちゃん”が奏でるバージョンもお楽しみに!」と呼びかけた。

 「私がモテてどうすんだ」は、少女マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で連載されたぢゅん子さんのマンガ。アニメの推しキャラクター同士や、クラスのイケメンたちのBLを妄想するのが大好きなオタク女子・芹沼花依(富田さん)が、ある日、愛するアニメのキャラが死んだショックで1週間絶食して激ヤセし、超美人(山口さん)に変身。現実世界でモテるようになるというラブコメディー。吉野さんが知的でクールな先輩・六見遊馬を演じる。奥野壮さん、伊藤あさひさん、神尾楓珠さんらも出演する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る