がんばれいわ!!ロボコン:「人体のサバイバル!」とのポスタービジュアル ロボコンがウインクで「目指せ100点!」

アニメ 映画
劇場版アニメ「人体のサバイバル!」、映画「がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻」のポスタービジュアル(C)Gomdori co., Han Hyun-Dong/Mirae N/Jeong Jun-Gyu/Ludens Media /朝日新聞出版・東映アニメーション (C)石森プロ・東映

 特撮ドラマ「ロボコン」シリーズの約20年ぶりの新作となる映画「がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻」(石田秀範監督、7月31日公開)と、同時上映される劇場版アニメ「人体のサバイバル!」のポスタービジュアルが7月3日、公開された。青空をバックにロボコンがウインクする姿が収められ、「目指せ100点! ロボ根性で、がんばれいわ!!」というコピーが添えられている。

 「人体のサバイバル!」のビジュアルは、主人公ジオ、ノウ博士、ピピ、ケイが描かれ、「迷い込んだのは人体(カラダ)の中!? いざ!大冒険の旅へ!」というコピーが書かれている。

 「ロボコン」シリーズは、どんな困難にもくじけないロボコンが、人間社会で繰り広げる“熱血ロボット根性ドラマ”。1974~77年に第1作「がんばれ!!ロボコン」が放送され、同時期に誕生した「スーパー戦隊」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズと共にヒットし、最高視聴率は29.2%を記録した。1999~2000年には、「がんばれ!!ロボコン」のリメーク作「燃えろ!!ロボコン」が放送され、前作を見ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディーロボット作品として人気を集めた。新作は「燃えろ!!ロボコン」を手がけた石田監督と脚本の浦沢義雄さんが再びタッグを組む。

 「人体のサバイバル!」は、累計発行部数が日本で約970万部、世界で約3000万部を誇る、韓国発の人気学習マンガ「科学漫画サバイバル」シリーズが原作。主人公ジオや仲間たちがピンチに立ち向かう姿を描きつつ、科学についての解説をする。2019年3月にアニメ化が発表され、YouTubeで公開された東映アニメーション制作のパイロットムービーも話題になった。パイロットムービーに続き、松田颯水さんがジオを演じ、潘めぐみさん、石田彰さん、岩崎ひろしさんが声優として出演する。東地宏樹さんがナレーションを担当する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る