諏訪部順一:アニメ「GREAT PRETENDER」で腹の底が見えない詐欺師に 「とても演じがいのある役」

アニメ
「GREAT PRETENDER」で声優を務める諏訪部順一さん

 アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどの貞本義行さんがキャラクターデザイン、ドラマ「リーガルハイ」などの古沢良太さんが脚本を手がけるオリジナルアニメ「GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)」が、フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で7月8日にスタートする。同作で、フランス人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)のローラン・ティエリーを演じるのが諏訪部順一さんだ。作品の魅力、演じる上でのこだわりを聞いた。

 ◇「うさんくさい」コンフィデンスマン役 「とても演じがいがある」

 「GREAT PRETENDER」は、世界を舞台にしたクライムエンターテインメント。自称・日本一の天才詐欺師の枝村真人(エダマメ)が、マフィアさえ手玉に取るコンフィデンスマンのローランにだまされたことをきっかけに、世界を舞台にした桁違いのだまし合い(コンゲーム)に巻き込まれる。「91Days」「鬼灯の冷徹」などの鏑木ひろさんが監督を務め、「甲鉄城のカバネリ」「進撃の巨人」などのWIT STUDIOが制作する。

 諏訪部さんが演じるローランは、どんな状況でも取り乱すことはなく、うまく切り抜けるコンフィデンスマン。諏訪部さんは、ローランを「言動全てが本当なのか嘘なのかよく分からない、腹の底が見えない人物」と表現し、「とても演じがいのある役」と語る。

 「ローランがどのような性質の人間で、どのような背景を持っているのか、収録が始まるにあたりざっくりと教えていただきました。キャストも欺くような作品なので、ストーリーについては結構内緒でしたが(笑い)。なので、ロジカルにキャラクターメーキングできた部分もありますが、その時々の細かな感情はそれだけで表現できるものではないので。全話ご覧くださった皆さんに、彼を魅力的な人物と思っていただけたのなら幸いです」

 ローランについては、「諏訪部が演じているという部分だけで、ローランを『うさんくさい人』と思う方も結構いらっしゃるのでは?」と話す。

 「素直な正直者、みたいなキャラクターを演じる機会が少ないタイプなもので(笑い)。こいつが演じているってことは……と先入観を持たれる方は少なくないのでは。視聴者をミスリードするために演出が仕掛けたわなかもしれませんよ(笑い)」

 ◇古沢良太の脚本で「なるべく自然に、生っぽく」

 「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などで知られる古沢さんが手がける脚本について、諏訪部さんは「テンポがいいですし、掛け合いがとてもオシャレ」と魅力を語る。それゆえにアフレコでは「できる限り自然な空気感」を意識したという。

 「本作はアニメーションなのですが、生身の人間が演じる実写映画やドラマとしてもそのまま成立するような脚本だと思いました。実写でやろうとしたら製作費ハンパないでしょうが(笑い)。なので、コントラスト強めのデフォルメした感じより、なるべく自然に、生っぽい表現をしたほうがしっくり来るのではないかと、演じる上で少し意識した部分はあります」

 会話劇はもちろん、伏線が張り巡らされたストーリーも魅力という。アニメは、CASE1~4と4編に分かれ、それぞれロサンゼルス、シンガポール、ロンドン、上海、東京と異なる都市を舞台にした物語が描かれる。

 「この作品は複数のエピソードで構成されています。そしてそれらがまとまって、一つの大きな『GREAT PRETENDER』という物語になるわけです。それぞれ単独でも非常に面白いのですが、全てのCASEをご覧いただくと、これは全編を通して紡がれるストーリーであることに気付くはずです。さまざまな伏線が張り巡らされていたりしますので、最終話までクリアしたら、再び第1話から見たくなる、そういうループ性のある作品ではないかと」

 次回の台本が手元に届く度、「キャストはみんな『おー! こうなったか』とテンション上がっていた」という。ローランと行動を共にするエダマメ役の小林千晃さんについては「大変な役ですが、物おじせず全力でぶっ放す感じで演じていましたね。ベテランの方も多い中、とても肝が据わっているというか(笑い)」と評し、「主役が頑張っているさまを目の当たりにしたら、周りも自然と気合入りますからね。現場の空気はいい感じだったと思います。適材適所の素晴らしい布陣でした!」と自信を見せた。

 アニメの見どころを聞くと、「第1話を見れば面白さは分かっていただけると思います。掛け値なしに『面白いので見てください』と世界中の人にオススメできる作品。見どころは全部です」と笑顔で語った。豪華声優陣、スタッフが送り出すコンゲーム。どう「だまされる」のかも含めて楽しみたい。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る