私の家政夫ナギサさん:“スーパー家政夫”大森南朋に“おじキュン”する視聴者続出 「可愛い」と話題に

テレビ
ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の多部未華子さんの主演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が、7月7日に放送された。大森南朋さん演じる、主人公(多部さん)の生活に安らぎと潤いを与えるスーパー家政夫のナギサについて、視聴者から「予想以上にカワイイ大森南朋」「大森南朋さん癒やし~」「大森さんにおじキュン」などの声が飛び交っていた。

 ドラマは、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」から生まれた四ツ原フリコさんのウェブマンガ「家政夫のナギサさん」が原作で、28歳の独身女性がおじさんの家政夫を雇うことから始まるハートフルラブコメディー。多部さんは、製薬会社の営業職(MR)としてバリバリ働くキャリアウーマンだが、家事は苦手で生活力ゼロのアラサー独身女性、相原メイを演じる。

 第1話では、28歳の誕生日の夜、メイの散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた。その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森さん)だった。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられず……という展開が描かれた。

 大森さん演じるナギサは、口数は少ないが、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感がある設定。ドラマが始まる前、大森さんは「すごくいい人だから、裏でなにかをたくらんでいることもない。怪しい気配を出さないように気をつけています。出がちなタイプなので(笑い)」と話していた。

 SNSには、「多部ちゃんも大森南朋さんもかわいい」「大森南朋みたいな家政夫さんが来たらほれてしまう」「ナギサさんうちにも来てほしい」「ナギサさんの言葉に普通に泣いた」などの声が上がっていた。大森さんについて、「大森南朋さんの演技さすがだわ……振り幅半端ない」という意見もあった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る