ガンダム:ガンプラMG企画展 25年の進化の軌跡 人気モデラーの作例 “極限表現”のMGEXも

アニメ グッズ
ガンプラの「MG」シリーズの企画展「GUNPLA WORLD Ver.MG(GUNPLA 40th ANNIVERSARY)」で展示されている「MG 1/100 RX-78-2 ガンダム」

 人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル(ガンプラ)の「MG」シリーズの歴史を振り返る企画展「GUNPLA WORLD Ver.MG(GUNPLA 40th ANNIVERSARY)」が、ガンプラ総合施設「THE GUNDAM BASE(ガンダムベース)」の東京店(東京都江東区)、福岡店(福岡市博多区)で開催されている。東京店では、約230体の「MG」シリーズのガンプラのほか、川口名人ことバンダイスピリッツの川口克己さんら人気モデラーの「MG」シリーズの作例を展示。ガンプラの“極限表現”に挑んだ新商品「MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka」もお披露目されるなど、「MG」シリーズの過去、現在、未来を一望できる。9月中旬まで。

 「MG」シリーズは、精巧な内部フレームを備え、プロポーション、可動ギミックを追求したガンプラで、ガンプラの15周年を記念して1995年に誕生した。川口名人が「究極のガンプラを作る」をコンセプトに開発を担当した。

 同展では、1995年発売の第1弾「MG 1/100 RX-78-2 ガンダム」から今年5月に発売された「MG 1/100 ガンダムキュリオス」まで約230体が集まった。1997年発売の「MG 1/100 RX-78GP01 ガンダム試作1号機」では初めて内部フレームを搭載し、デザイナーのカトキハジメさんが監修する「Ver.Ka」をラインアップに加えるなど1995年の誕生から約25年の進化の軌跡を確認できるはずだ。

 人気モデラーの作例も見応えがある。川口名人は「MG 1/100 ガンダムベース限定 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 [ガンダムベースカラー]」をベースとした作例を紹介。ほかにも、堀越智弘さんのFAZZなど人気モデラーの技を堪能できる。

 「MG」シリーズのハイエンドブランドで、“極限表現”に挑む「MGEX」シリーズの第1弾として9月に発売される「MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka」にも驚かされるはず。“極限の発光機構”を目指したガンプラで、新規開発のフレキシブルLEDシートによって、ユニコーンガンダムの特徴であるサイコフレームの発光を表現。NT-D発動時の赤色の発光のほか、劇中終盤の緑色の発光など“極限表現”を確認できる。

 ほかにも、ガンプラの40年の歴史をまとめた「ガンプラ超巨大年表」、ガンプラのパッケージの制作の裏側に迫る「パッケージ徹底解剖」なども展示。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る