半沢直樹:“国宝級イケメン”吉沢亮登場に視聴者「異次元の美しさ」 血走った目の演技に「引き込まれた」

テレビ
連続ドラマ「半沢直樹」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の堺雅人さん主演の連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、日曜午後9時)の第3話が8月2日、放送された。「国宝級イケメン」としても知られる俳優の吉沢亮さん扮(ふん)するIT会社スパイラルのプログラマー・高坂圭が登場し、SNSには「異次元の美しさ」「無敵のかっこよさ」「めためたかっこいい」「イケメンすぎて涙腺ぶっ壊れた」といった声が上がった。

 第3話は、スパイラルとアドバイザー契約を結んだ東京セントラル証券と、スパイラル買収をもくろむ電脳雑伎集団とアドバイザー契約を結んだ東京中央銀行が全面戦争に突入。そんな折、金融庁の黒崎駿一(片岡愛之助さん)率いる証券取引等監視委員会が東京セントラル証券に立ち入り検査にやって来る……というストーリー。

 スパイラルがIT会社フォックスを「逆買収」するという半沢(堺さん)の計画が黒崎に見つかってしまうと、全て水の泡となるため、半沢から連絡を受けたスパイラルの瀬名社長(尾上松也さん)は、すぐさま高坂に指示し、データ消去をさせる。

 黒崎が半沢の隠しフォルダーに迫る中、高坂がデータを消去しようとする、息もつかせぬ攻防が繰り広げられた。高坂役の吉沢さんが目を見開いたり、時間がたつにつれ目が血走っていくという緊張感が伝わる演技を見せ、視聴者からは「目の演技に引き込まれた」「目だけで、この緊迫感伝えたのひれ伏す…」「あの濃い演者の中で引けを取らない存在感」「演技すごすぎて、息するの忘れかけた」といった声も上がった。

 ドラマは、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズが原作で、2013年7月期に放送された前作は「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」を映像化。東京中央銀行の半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いた。約7年ぶりとなった続編は、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を実写化。東京セントラル証券の営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

 高坂は、今年1月3日に放送されたスペシャルドラマ「半沢直樹スピンオフ企画『狙われた半沢直樹のパスワード』」の主人公で、東京セントラル証券のトレーディングシステムのリニューアルに従事。その最中に発生した、顧客の口座から300億円が引き出される事件の犯人捜しに奮闘した。

 吉沢さんは、女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の企画「’18年下半期 ViVi国宝級イケメンランキング」で「今一番好きなイケメン(NOW国宝級編)」1位を獲得し、「国宝級イケメン」という称号を手にしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る