清原果耶:桃井かおりから絶賛され感激 「なんて答えていいのか分からない」

映画
主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」の完成披露試写会に出席した清原果耶さん

 女優の清原果耶さんが8月3日、東京都内で行われた主演映画「宇宙でいちばんあかるい屋根」(藤井道人監督、9月4日公開)の完成披露試写会に出席。初共演となった桃井かおりさんから「ものすごい孤独な女優さん。真面目で、自分が何をやるのか本気で見えている。自分が邪魔しちゃいけないって初めて思った。冗談抜きに私がついて行った。完成した映画を見て彼女がすごいよかった」と絶賛されると、清原さんは「なんて答えていいのか分からない……」と思わぬ褒め言葉に感激した。

 この日、桃井さんは米ロサンゼルスからのリモート出演。画面越しだが、久々に桃井さと対面した清原さんは「お元気ですか? こうしてまたお顔が見られてうれしい」とにっこり。桃井さんとの共演について聞かれると、「こちら側に伝わるエネルギーの濃さ、強さ、大きさをとてつもなく感じることができる方。前を向かなきゃって奮い立たせられる。必死に後をついて行きたくなるような印象でした」と刺激的だったことを振り返った。

 また、清原さん演じるつばめが思いを寄せる大学生役として出演した伊藤健太郎さんについては「すごく柔らかい波をまとわれている方という印象」と告白。「それは伊藤さんの内から出てくる感覚なのかオーラなのか分かりませんが、優しいっていう言葉が当てはまるような接し方をしてくれた。つばめとして楽しく撮影をご一緒していました」と感謝を伝えた。

 映画は、野中ともそさんの小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫)が原作。14歳の少女・つばめ(清原さん)と派手な装いのあやしい老女“星ばあ”(桃井さん)との出会いと、愛の物語を描いている。

 清原さんは本作で映画初主演を務め、さらに映画主題歌「今とあの頃の僕ら」の歌唱も担当。「初主演作だったり、映画のエンドロールで自分が歌う歌が流れているのがなかなか客観視できなかった。初号を見終わった時『あ、終わった』という安心感に似た喪失感がちょっと大きかった」と素直な心境を明かしていた。
 

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る