美 少年:ドラマ「真夏の少年」で「文字通り美少年」と話題 Sexy Zone、King & Princeの“王道”を継ぐ次世代ジャニーズJr.

芸能
連続ドラマ「真夏の少年~19452020」のロゴ=テレビ朝日提供

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」が初主演を務める連続ドラマ「真夏の少年~19452020」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)が7月31日、スタートした。ドラマはそれぞれに事情を抱えた「美 少年」のメンバー扮(ふん)する青春真っ盛りの高校生たちと、終戦間際の大宮島(現グアム島)からタイムスリップしてきた軍人・三平三平(博多華丸さん)の一夏の物語を描いた青春ヒューマンコメディー。第1話が放送されると、SNSでは「美 少年は文字通り美少年たちだった…」「美 少年が美少年すぎる!」と反響を呼んだ。インパクトあるグループ名と、爽やかさあふれるルックスで注目を集める彼らを紹介する。

 ◇目標は“スーパーキラキラアイドル” 個性豊かな6人の“美少年”

 「美 少年」は16~19歳の6人のメンバーで構成されるジャニーズJr.のグループ。その名の通り顔立ちの整った面々が集結しており、Jr.内でも最高クラスを誇るとされる“顔面偏差値”の高さが特徴だ。そんな彼らが目指すのは“スーパーキラキラアイドル”になること。何色にも染まれる“変幻自在力”を武器に、夢への道を歩んでいる。

 最年長メンバーの藤井直樹さんは、2000年9月18日生まれの19歳。千葉県出身。メンバーカラーは緑で、憧れの先輩は「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん、「King & Prince」の高橋海人さん。キュートな魅力たっぷりで、パフォーマンス中のカメラアピールなど、アイドル力をさく裂させる。ファッションが大好きなおしゃれ番長で、得意のダンスでグループを引っ張る。

 那須雄登さんは、2002年1月16日生まれの18歳。東京都出身。メンバーカラーは水色(青)で、憧れの先輩は「嵐」の櫻井翔さん、「Sexy Zone」の菊池風磨さん。端正なルックスに加え、勤勉な性格で都内の名門私立大学に通う秀才。知識を生かし「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)や「くりぃむクイズ ミラクル9」(同)などのクイズ番組でも活躍。一方で天然な一面も持つ。

 浮所飛貴さんは、2002年2月27日生まれの18歳。愛知県出身。メンバーカラーはオレンジで、憧れの先輩は「Sexy Zone」の中島健人さん。明るいムードメーカーで、グループの元気印。乗馬やアクロバットが特技で、運動神経の良さはピカイチ。さらに、那須さんと同じく都内の名門私立大学に在学し、頭脳派としてクイズ番組に出演している。時折見せるセクシーさでギャップを生み出す。

 岩崎大昇さんは、2002年8月23日生まれの17歳。神奈川県出身。メンバーカラーは黄色で、憧れの先輩は木村拓哉さん、「嵐」の二宮和也さん。優れた歌唱力を持ち、ライブでは10代ながら演歌を披露することもしばしば。また、NHK BSプレミアムで放送中の番組「ザ少年倶楽部」ではMCを務めるなど、グループの土台的役割を担っている。料理上手で、お菓子作りの腕前にも定評がある。

 佐藤龍我さんは、2002年12月17日生まれの17歳。神奈川県出身。メンバーカラーは赤で、憧れの先輩は「嵐」の相葉雅紀さん。目を引く“美麗なベビーフェース”が印象的なだけでなく、高身長×脚長という抜群のスタイルの持ち主。大型ファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」にモデルとして出演した経験もある。天真らんまんで、グループ内では甘えん坊な弟キャラ。

 金指一世さんは、2004年2月9日生まれの16歳。東京都出身。メンバーカラーはピンクで、憧れの先輩は「嵐」の松本潤さん。最年少ながらクールでミステリアスな雰囲気を漂わせ、大人っぽい色気をまとう。成長期まっただ中で、身長、スキルともに伸び盛り。未経験のアクロバットを習得するなど、努力家でもある。キリリとした見た目ながら、突拍子もない言動が飛び出す“不思議ちゃん”系。

 グループとしては、バトンやアーチェリー、扇子を用いたステージをはじめ、マイケル・ジャクソンを模した演出から和の演出まで、枠にとらわれないパフォーマンスを見せる。ライブを中心に披露するオリジナル曲に「KAT-TUN」の亀梨和也さんが作詞を手掛けた「ねぇ もっと」、山下智久さんが作詞、作曲を担当した「LALA LOVE」を持ち、2019年8月には米ロサンゼルスで毎年開催される日系人のお祭り「二世週日本祭」でパフォーマンスを披露するなど、ステージの幅を広げている。

 ◇結成は4年前 度重なる改名を経て「美 少年」に

 「美 少年」の始まりは、2016年11月にさかのぼる。藤井さん、那須さん、浮所さん、岩崎さん、佐藤さんの5人のメンバーで、「東京B少年(びーしょうねん)」として誕生した。グループ名は、かつて関西ジャニーズJr.内に存在していた「Aぇ少年」を意識したもので、自ら「美少年」と名乗るのはおこがましいという理由から「B少年」になったという。

 そして、2017年4月。毎年春にジャニーズJr.のメンバーで行われるシアタークリエ(東京都千代田区)での公演「ジャニーズ銀座2017」の記者会見で、金指さんの加入が発表。当初、金指さんは「東京B少年」のバックを務める予定だったが、公演直前に新メンバーとして仲間入りすることとなった。

 5人から6人体制となり、約1年7カ月が過ぎた2018年11月。事務所の公式サイト「Johnny’s web」で、突如「東京B少年」から「Sexy美少年(びしょうねん)」への改名が発表された。結成から2年がたち、慣れ親しんできた名前だっただけにファンの間には衝撃が走った。きっかけは故・ジャニー喜多川氏が稽古(けいこ)場で発した「君たちセクシーだよね。じゃあセクシーな美少年になろう」という一言だったといい、サイトには「よりSexyに! より美しく! B少年から美少年へ!」とつづられていた。

 それから、約2カ月後の2019年1月。再び「美 少年」に改名されることが発表され、現在に至る。

 ◇Sexy Zone、King & Prince… “王道”ジャニーズの“系譜”を継ぐ次世代

 メンバーたちはこれまで、ライブや歌番組などで「Sexy Zone」のバックを務めたり、「King & Prince」の前身ともいえるデビュー前の「Mr.KING」「Prince」と合同でライブを行うなど、ジャニーズの“王道”を行くグループの背中を見ながら育ってきた。そのため「Sexy Zone」「King & Prince」の面々を慕うメンバーも多く、一緒に食事に行ったり、時には相談に乗ってもらうなど、交流の深いメンバーもいる。「美 少年」が求めるアイドル像には、彼らから影響を受けたことで抱いた憧れの念が強く反映されているように思う。

 それに加え、「Sexy Zone」「King & Prince」と同じ“系譜”を継いでいる部分もある。例えば「美 少年」の正式表記は「美」が赤字で表記されるが、「Sexy Zone」の場合も「xy」の部分が赤字で表記される。一度目の改名で「Sexy美少年」という名が付けられたりと、どこか「Sexy Zone」を彷彿(ほうふつ)とさせる側面を持っている。

 また、毎年恒例となっているテレビ朝日の夏のイベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」では、2018年、2019年にジャニーズJr.内の「HiHi Jets」と共に応援サポーターに就任。2015年にはデビュー前の「King & Prince」が「Mr.King vs Mr.Prince」として応援サポーターを務めており、2017年には「Mr.KING」が応援サポーター、「東京B少年」「HiHi Jets」がアシスタントサポーターとしてイベントを盛り上げた。

 ◇「真夏の少年」でドラマ初主演 ついに幕を開けた「美 少年」の“夏”

 そんな彼らは現在、初主演を務めるドラマ「真夏の少年」の撮影に奮闘中。出演が決まった時のコメントでは「6人で一つの作品に挑戦するのは初めて」だと話し、「全員でドラマをやるのが夢だった」と語っていた。

 本作では、浮所さん、岩崎さん、佐藤さんが“見かけ倒し”のヤンキーである春日篤、風間竜二、瀬名悟を演じ、那須さんが“毒親”に悩まされる優等生の生徒会長・柴山道史、藤井さんと金指さんが町の権力者を母に持つオタクの双子・山田明彦、山田和彦と、それぞれキャラクターの違った高校生役を演じている。

 本作が初ドラマとなるメンバーのほか、ドラマへの出演経験はあってもメインキャストを務めるのはほとんどのメンバーが初めて。「真夏の少年」を通して、彼らがどんな“一夏”を見せてくれるのか、今後が楽しみだ。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る