アンサング・シンデレラ:第5話 “辰川太一”伊武雅刀の容体が急変 “くるみ”西野七瀬はがん薬物資格に興味…

テレビ
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話の一場面(C)フジテレビ

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)第5話が8月13日に放送される。

 萬津総合病院に入院中の辰川太一(伊武雅刀)の容体が急変する。その後、幸い安定はしたものの、太一は末期がんで、息子の秀三(迫田孝也さん)は本人に病名を伏せていた。祖父にうそをついていると悩む秀三の娘の樹里(久保田紗友さん)。自責の念から摂食障害になってしまう。樹里に助けを求められたみどり(石原さん)は、辰川と話をしに行く。

 みどりは新人薬剤師の相原くるみ(西野七瀬)と抗がん剤調剤室へ向かう。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキさん)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看(み)たいと部長の販田聡子(真矢ミキさん)に申し出る。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。

 原作は、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。病院薬剤師の葵みどりが、薬剤部のメンバーたちと患者の「当たり前の毎日」を取り戻すために奮闘する姿を描く。タイトルの「アンサング」は、詩歌に歌われていないことから「褒められない」。縁の下の力持ちとして患者のために奮闘する病院薬剤師たちを指す。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る