中澤まさとも:「映画 ギヴン」 振り回される春樹に「わかりみしかない」 自信が持てた「大事な作品に」

アニメ マンガ
劇場版アニメ「映画 ギヴン」で中山春樹の声優を務める中澤まさともさん

 人気BL(ボーイズラブ)コミックが原作のテレビアニメ「ギヴン」の劇場版「映画 ギヴン」(山口ひかる監督)が、8月22日に公開された。バンド「ギヴン」のベース担当で、バンドのまとめ役の中山春樹を演じるのが、声優の中澤まさともさん。お人よしで周囲に振り回されることも多い春樹を演じる中澤さんを共演の浅沼晋太郎さんは「春樹になるべくしてなった人。面倒見がいい」と話し、中澤さん自身も「春樹にはわかりみしかない」と共感する。中澤さんにとってテレビアニメのレギュラー声優初挑戦となった「ギヴン」への思い、魅力を聞いた。

 ◇春樹は「ただのいい人ではない」 バランスを模索したアフレコ

 「ギヴン」は、マンガ誌「シェリプラス」(新書館)で連載中のキヅナツキさんのコミック。バンドメンバーたちの青春群像劇が描かれる。テレビアニメが、フジテレビほかの深夜アニメ枠のノイタミナで2019年7~9月に放送され、バンド結成や高校生の佐藤真冬、上ノ山立夏の恋が描かれた。「映画 ギヴン」では、長年梶秋彦に思いを寄せる大学院生の春樹、元恋人でありながら同居を続け、中途半端な関係を続ける秋彦と天才バイオリニストの村田雨月という3人の苦くて熱い恋が描かれる。

 中澤さんは、高校生2人の恋を描いたテレビシリーズを「青春劇」、大人組と呼ばれる3人の物語を描く「映画 ギヴン」を「リアルな恋模様」と表現する。

 「今作では、大人組3人の抱えている葛藤を描いています。それは恋とはもう呼べなくなっていて、ちょっと複雑で。時間を置いてねじれてしまったもの、どんどん特別になっていってしまったものというか。それをどう解きほぐしていくかをすごく丁寧に描いている。テレビシリーズでは『恋をする』ことを描いていましたが、そこからちゃんと触れてみたい、近付きたいと思ったらやっぱり知らなきゃいけないことが出てくる。それが『映画 ギヴン』のストーリーなのだろうなと思います」

 春樹は、バンドメンバーの仲を取り持つ面倒見がいいキャラクターだ。今作では、春樹がバンド内での高校生組の成長を目の当たりにして葛藤したり、思いを寄せる秋彦とぶつかって激しい感情を表したりと、本音も見えてくる。

 「大体の人は、時が流れて大人って呼ばれるものになっただけで、ひそかに思っていることや抱えている葛藤もある。春樹はただただいい人ではなくて、いい人という態度を取れる『大人』なのかなと思います」

 中澤さんは春樹を演じ、「分からない感情が全然ない。むしろ“わかりみ”しかない」と語る。

 「春樹は、音楽を仕事としてもやっていけるかもしれないけど、それしか生きる道がないというほどではない。真冬のような天才や、立夏のようなガリガリにとんがっているバンドマンもいる中で、自分はそういうものではないと自覚している。僕も周りで活躍していたり、才能をとんがらせている人と比べて、なんて自分は普通なんだろうと思います。それはやっぱり悔しいですけどね」

 中澤さんは、バンド内で悩む春樹と自分を重ね合わせた。

 「みんなで何か一つのものを作る時、本当に向き合わなきゃいけないのは、誰がうまい、誰が器用ということではなくて、作品の世界の中でちゃんとバランスを保ちつつ、演じる人物が存在できるかなんですよね。メンバーの一員としてそこに立っているんだったら、自分がやるべきことは決まっている。僕も最初の収録まで、『ギヴン』が持つ世界観の中で春樹をちゃんと成立させられるようにバランスをすごく模索しました。バンドメンバーを演じる矢野(奨吾)君、(内田)雄馬君、江口(拓也)君が作ってくる演技と自分の演技をしっかりとすり合わせられるか。それは、僕にとっては挑戦でしたし、ほかの方と比べて経験がない中、ようやく得られたチャンスでした」

 ◇春樹と秋彦の一番熱いシーン お互いの演技を感じ取る

 「映画 ギヴン」では、春樹、秋彦、雨月を中心にキャラクターたちの心情が繊細に表現される。中澤さんは、演じていて特に印象的なシーンとして、秋彦が春樹への思いを吐露するシーンを挙げる。

 「江口君が演じる秋彦がいっぱいいっぱいの状態で、なるようになれという感じでしゃべり始めるシーンがあるのですが、その芝居の熱が強くて、必死で。それに対する僕の演技は『これじゃ足りない』と感じたところを音響監督さんにも『もっといけるでしょ』と背中を押され、次のテークではOKが出ました。印象に残っていますし、僕にとって一番熱いシーンじゃないかな」

 収録では、相手の演技から「感じ取る」ことが多かったという。

 「演じる上で、ストーリーの中の登場人物たちが結末にたどり着くために表現しないといけない心の道筋というのがあるのですが、それはこれまで培ってきた読解力であったり、得てきた経験が影響してくるので、台本は自分にとってのテスト用紙というか。お互いの声を聞き取って、感じ取って演じる力は求められたし、自分も応えたいという気持ちでした」

 中澤さんは「映画 ギヴン」の魅力を「背中を押してくれる作品」と表現する。

 「誰もが時がたつにつれて忘れていってしまったもの、何もできずに置いていってしまったものに優しく触れて『大丈夫だよ』と背中を押してくれる。みんながそれぞれの生きてきた道を受け入れて歩き出せる、そういう作品になっていると思います」

 自身にとっても特別な作品になった。

 「僕にとって初めてアニメのオーディションに受かった作品で、『映画 ギヴン』でもメインキャラクターとして出演させていただいて、こんなふうに取材の機会もたくさんいただいて、奇跡みたいなことがいっぱい起こっているんです。これまでの自分に、ちょっと自信を持てるような大事な作品になりました」

 中澤さんが演じる春樹には、思わず応援したくなるような魅力がある。その恋の行方はどうなるのか、葛藤の末にどのような道を進むのか。映画館で見守りたい。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る