内田雄馬:「映画 ギヴン」で模索した「恋人の音」 「真冬の声を聞いて安心」

アニメ マンガ
劇場版アニメ「映画 ギヴン」で上ノ山立夏の声優を務める内田雄馬さん

 人気BL(ボーイズラブ)コミックが原作のテレビアニメ「ギヴン」の劇場版「映画 ギヴン」(山口ひかる監督)が、8月22日に公開された。主人公・佐藤真冬の恋人で、バンド「ギヴン」のギター担当の上ノ山立夏を演じた内田雄馬さん。テレビシリーズでは、立夏と真冬が出会い、心を通わせていく過程が描かれたが、「映画 ギヴン」では恋人同士となった2人が登場する。内田さんは「真冬と2人のシーンでは“恋人の音”を模索した」と語る。演じる上でのこだわり、作品の魅力を聞いた。

 ◇“煮詰まった”大人組3人の関係 立夏と真冬は清涼剤に

 「ギヴン」は、マンガ誌「シェリプラス」(新書館)で連載中のキヅナツキさんのコミック。バンドメンバーたちの青春群像劇が描かれる。テレビアニメが、フジテレビほかの深夜アニメ枠のノイタミナで2019年7~9月に放送され、バンド結成や高校生の真冬、立夏の恋が描かれた。「映画 ギヴン」では、長年、梶秋彦に思いを寄せる大学院生の中山春樹、元恋人でありながら同居を続け、中途半端な関係を続ける秋彦と天才バイオリニストの村田雨月という3人の苦くて熱い恋が描かれる。

 テレビシリーズを経て、恋人となり進み始めた真冬と立夏、長年続けてきた関係を変えられないまま葛藤する春樹、秋彦、雨月という大人組3人が対比的に描かれる。内田さんは「3人の煮詰まった関係性から始まる物語」と語る。

 「テレビシリーズの真冬と立夏はそれぞれ抱えているものはあれど、ピュアな気持ちで一つ一つのものと向き合って、道をたどっていく感じでしたが、大人組の3人は出来上がった関係が煮詰まっている。煮込み料理って、水分が飛んでねっとりと、ドロッとしている。そのドロッとした状態から何か変わっていきたいという気持ちがどこかにあって。『映画 ギヴン』は、絡まっているものを一個ずつほぐしていくような、とても人間味のあるお話で、真冬や立夏と比べて大人な世界だなと思います」

 3人が変化するきっかけとなるのが、真冬、立夏の存在だという。

 「煮込み料理も煮詰まって味が濃くなったら、水を足さなきゃいけない(笑い)。真冬と立夏は清らかな水というか、清涼剤というか。春樹さん、秋彦さん、雨月さんは、これから変わろうとしている、変わりたいと思っている人たちで、真冬と立夏はもう変わることを選んで先に進んでいる人。大人組3人も、変わることを選んだ人たちが近くにいると、影響を受けるのかなと。今回の『映画 ギヴン』では、真冬と立夏が道を見せてあげることが大事と思ったので、収録でも『すでに歩き出している人』ということを意識して演じました」

 ◇恋人同士の会話に「緊張」 恋人の音を意識

 真冬を演じた矢野奨吾さんとは、テレビシリーズを通して積み重ねてきた関係性があった。今作は別々の収録となったそうだが、先に収録をした矢野さんの声を聞いて、内田さんは「真冬の声を聞いて、安心するなという感覚がすごくありました」と話す。

 「久々の『ギヴン』の収録ということもあったのですが、矢野君が演じる真冬の声が優しくて、柔らかくて『あ、この2人は近付いてきているのかな』というのがすごく感じられたような気がして、安心感を持って会話できました」

 ただ、テレビシリーズと比べて「真冬と2人のシーンは緊張した」と明かす。

 「今作では、“恋人の音”というのを意識したんです。恋人になってからの話し方ってどんなだろう、恋人の音はどんな音なんだろうとすごく考えながらせりふを発していました。真冬が曲作りに悩むシーンがあるのですが、バンドの仲間として応援したい、支えてあげたいという思いに恋人としての気持ちが加わると、発する声色も違ってくるのかなと、恋人の音を模索しました。でも、真冬の声を聞いたら、自然とそういう声をかけてあげたくなりました」

 内田さんは、「ギヴン」では相手の声を聞いた時の「反射神経」を大事にしたという。

 「とくに真冬の言葉を聞いた立夏としての反射をすごく意識したかなと思います。『ギヴン』では、心の動きを自然に感じ取って演じたかったんです。例えばコメディー作品であれば、『こう来たらこう返す』みたいな王道の形があるんですけど、『ギヴン』のような人間の心を丁寧に描いている作品だと、相手の演技に対してどう反射して感情をつないでいくかは、その場の感覚で変わってくる。そういう意味では、キャストみんなに反射でつないでいく感覚があったというか、言葉のバトン、キャッチボールをすごく丁寧にできた作品だと思います」

 映像、音楽、声で、繊細な恋模様を描く「映画 ギヴン」。内田さんは「言葉や気持ちを素直に表現できない人たちの心が、どう解きほぐされていくのかを描くお話です。感情移入するキャラクターによって心がしんどくなる部分もあると思います。ただ、人が変わる瞬間はとても美しくて、変わるという選択をした人間の清らかさが描かれていると思います」と見どころを語る。

 大人組3人の物語はもちろん、内田さんが模索したという「恋人の音」、真冬と立夏の2人のシーンに注目したい。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る