LPGA女子ゴルフ:畑岡奈紗選手、パッティング次第で「ビックスコアつながる」と意気込み 河本結選手も

畑岡奈紗選手 Getty Images
1 / 2
畑岡奈紗選手 Getty Images

 LPGA女子ゴルフツアー「ウォルマートNWアーカンソー選手権」が、米国で8月28日に開幕。WOWOWでは第1日から最終日まで連日生中継する。2018年に畑岡奈紗選手が日本人史上最年少ツアー初優勝を果たした大会で、今回日本勢は、その畑岡選手を筆頭に河本結選手や、野村敏京選手、上原彩子選手、山口すず夏選手が参戦予定。畑岡選手、河本選手が意気込みなどを語った。

 ◇畑岡奈紗選手

 ――久々のアメリカですが体調はどうですか?

 だいぶ解消されてはきましたが、3週目ということもあって多少は疲れていますね。でも頑張りたいと思います。

 ――この試合(大会)はアメリカ大会で初優勝した試合ですが、コースとの相性はどうですか?

 いつ来てもコースの印象は良いので、頑張りたいですね。

 ――2年前(優勝した時)のように回るには、どのあたりがポイントになりますか?

 今は一番ショートゲームが(前週の)スコットランドから苦戦している部分でもあるので、そこになるかなと思います。特にグリーン上ですね。

 ――意気込みをお願いします。

 ショットの調子が悪くないので、あとはどれだけパッティングを決められるかで、ビックスコアにつながると思うので、頑張りたいと思います。

 ◇河本結選手

 ――今回で5連戦目ですが、体調やコンディションはどうですか?

 結構いいです。予選落ちしたことで2日間休めての移動だったので、疲れはとれてきているんじゃないかなと思います。

 ――今週に向けて、調整してきたことはありますか?

 特にはないんですけど、ショットはずっといい感じですし、先週、先々週とちょっと違うゴルフを求められたので、またアメリカに帰ってきて気分良くプレーができると思うので、気持ちよくプレーしたいなとは思います。

 ――今週はどんな感じで攻めようと考えていますか?

 距離もそんなにないので、とにかくフェアウエーにティーショットをおいて、セカンドショットでどれだけバーディーチャンスが打てるところにつけられるかっていうのが、本当にキーになってくると私は思っています。だからそこはうまくキャディーさんとコミュニケーションとりながら、やりたいなと思っています。

 ――去年の優勝者のキャディーさんということで、いろいろとコミュニケーションをとってやる感じですか?

 はい。毎週すごくハイスペックなキャディーさんで本当に助けられていますし、自分も成績を出したい気持ちがすごく強いので、彼ともうまくコミュニケーションとって、いい流れ、いい運気をもらいながらプレーできればいいなっていうふうには思います。

 ――意気込みをお願いします。
 
 ずっと予選落ちしていて3日間プレーしたいというのがあるので、毎日自分の目標スコアを定めて、その目標がクリアできるように回っていきたいなと思います。とにかく3日間プレーしたいです!

 *……WOWOWでは「ウォルマートNWアーカンソー選手権」を連日WOWOWライブで生放送。第1日は8月29日午前5時半、第2日は30日午前5時、第3日は31日午前5時から、それぞれ放送。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る