海辺のエトランゼ:劇場版アニメの展覧会 紀伊カンナ描き下ろしイラスト 駿と実央の暮らし 貴重な資料続々

アニメ マンガ
「海辺のエトランゼ」の展覧会「映画『海辺のエトランゼ』アニメ原画展」の様子

 紀伊カンナさんの人気ボーイズラブ(BL)マンガが原作の劇場版アニメ「海辺のエトランゼ」(大橋明代監督、9月11日公開)の展覧会「映画『海辺のエトランゼ』アニメ原画展」が、9月4~14日に渋谷パルコ GALLERY X(東京都渋谷区)で開催される。開催に先駆けて3日、内覧会が行われ、紀伊さんの描き下ろしイラストやアニメの設定画などがお披露目された。

 同展では、メインキャラクターの橋本駿、知花実央を描いた紀伊さんのイラストのほか、駿と実央が暮らす島の美しい風景などを描いたアニメの設定画や美術ボード、原画、カットなど約80点を展示。紀伊さんの描き下ろしイラストを使用したグッズも販売する。

 紀伊さんはアニメを監修しており、コメントが書かれたアニメの原画も見ることができる。声優を務めた村田太志さん、松岡禎丞さん、大橋監督のサイン入り台本や、紀伊さんが寄せたコメントも展示される。

 「海辺のエトランゼ」は、沖縄の離島を舞台に、小説家の卵の橋本駿と若くして両親を失った高校生の知花実央の初々しい恋愛を描く。アニメは、フジテレビのBLに特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」の「囀(さえず)る鳥は羽ばたかない」「映画 ギヴン」に続く第3弾として製作。

 原作者の紀伊さんが監修とキャラクターデザインを担当し、「ダンガンロンパ The Animation」の演出を担当した大橋さんが監督を務め、「モンスターストライク」などのスタジオ雲雀が製作する。村田さんが橋本駿、松岡さんが知花実央をそれぞれ演じる。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る