山田裕貴:アニメ声優初挑戦も監督&声優陣は絶賛 「素晴らしくて鳥肌もの」

映画
劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」の公開記念舞台あいさつに登壇した山田裕貴さん

 俳優の山田裕貴さんが9月12日、東京都内で行われた劇場版アニメ「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」(京極尚彦監督)の公開記念舞台あいさつに、野原しんのすけらと登壇した。本作でアニメ声優初挑戦となった山田さんは、しんちゃんから感想を聞かれると「ドキがムネムネだった」とコメント。「アニメも声優さんも大好きなので、ご一緒させてもらえたのが光栄」と感慨深げに話し、「もちろん声優さんには追いつけないけど、自分の熱い気持ちでいいものにできたらと思っていた」と話した。

 舞台あいさつにはりんごちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅさん、小林由美子さん、神谷浩史さん、京極監督も出席。防衛大臣役を演じた山田さんについて、京極監督は「悪い役に見えるけど、実はいろいろな思いを背負って頑張っている役。山田さんの真っすぐな思いが作品に説得力を与えてくれて、防衛大臣は山田さんなくして成り立たなかった」と語った。

 また、小林さんは「防衛大臣が素晴らしくて鳥肌ものでした。言葉が出ないくらいです」、神谷さんは「めちゃくちゃかっこよかった! イベント前にも『最高にかっこよかった』と延々と伝えていました」とそれぞれ山田さんを絶賛。それを受けた山田さんは「ハートだけは負けないようにと必死だった。俳優としても勉強になったことがたくさんあったので生かしていきたい」と話し、「参加させてもらえてよかった」としみじみとした表情で語った。

 映画は、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国ラクガキングダムが登場する。地上でのラクガキが減り、崩壊の危機に直面していた王国は、命運を懸けて無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行。地上の春日部が大混乱の中、ミラクルクレヨンを授けられ勇者となったしんのすけが、世界の平和のためにラクガキたちと力を合わせて戦う姿を描く。アニメ「ラブライブ!」「宝石の国」などの京極さんが監督を務め、映画「婚前特急」「そこのみにて光輝く」などの高田亮さんが脚本を担当する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る