劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石立太一監督「皆様の応援があったからこそ完成できた」 公開記念舞台あいさつ

アニメ
「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の公開記念舞台あいさつの様子(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場版「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の公開記念舞台あいさつが9月19日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催された。アニメを手がけた石立太一監督は「今日ここにこうして立てていること、昨日公開できたことが夢みたいです。やるからには今、自分たちができることを全力で、作品に込めようと思っていました。今日は僕が代表してここに立っていますが、全てのスタッフが本当に頑張って作ってくれた作品だと思っています。今日きてくださった皆様、ライブビューイングでご覧いただいている皆様、皆様の応援があったからこそ完成できたと思っています。本当にありがとうございます」と感極まりながら観客に語りかけた。

 ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さんは「たくさんの方に想(おも)いを伝えられることをうれしく思います。テレビシリーズが終わって、外伝の話、そしてこの劇場版のお話をいただきました。劇場版は願いであり、夢。やっと公開できて胸がいっぱいです」とコメント。

 ギルベルト・ブーゲンビリア役の浪川大輔さんは「収録の時、京都アニメーションさんの気迫、監督の想いをひしひしと感じました。昨日公開されてから、喜んでくださっている感想をたくさん目にして、今日こうして(イベントに)参加できてよかったなと思っています」と語った。

 最後に石立監督が「大切な人、支えてくれる人、自分のことを大事に思ってくれる人……皆さんそれぞれおられると思うんです。この映画を見てそれぞれ大切な人のことを思い返していただいて、自分が今大切な人に伝えるべきことを伝えているのか、見終わった後に思っていただけるような作品になっていたらいいなと思っています」と語ると、客席からは大きな拍手が湧き上がった。舞台あいさつには、主題歌「WILL」などを担当したTRUEさんも登壇した。

 同作は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さんのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1~4月に放送された。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る