魔道祖師:日本語吹き替え版 木村良平が魏無羨、立花慎之介が藍忘機に BL小説が原作の中国人気アニメ

「魔道祖師」日本版のキービジュアル(C)2020 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
1 / 4
「魔道祖師」日本版のキービジュアル(C)2020 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

 中国のテンセントビデオで配信されたアニメ「魔道祖師」の日本語吹き替え版に、木村良平さん、立花慎之介さんがメインキャラクターの声優を務めることが分かった。木村さんは魏無羨(ウェイ・ウーシエン)、立花さんは藍忘機(ラン・ワンジー)をそれぞれ演じる。魏無羨と藍忘機を描いたキービジュアルも公開された。

 「魔道祖師」は、中国で2015~16年にウェブで連載された墨香銅臭さんのBL小説が原作。実写ドラマ「陳情令」は日本でも放送された。自由奔放な問題児と孤高の禁欲主義者という強い絆で結ばれた2人の仙師が、邪悪な陰謀に立ち向かう。

 アニメの日本語吹き替え版は、2021年1月からWOWOW、TOKYO-MX、BS11で放送される。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る